月別アーカイブ: 8月, 2011

100年前で時間の止まった港町、鹿港

22 8月
2011年8月22日

台湾は日本の九州ほどの大きさの島国。 そのため、地方には多くの港町が存在します。

基隆など活気のある大きな港町もあれば、 その昔は貿易港だった、のんびりとした潮風が流れる “元”港町もあります。

TW_1108_0201

200年ほど前に中国の福建省との交易港として栄えたものの 日中戦争後に貿易が断たれ、閉鎖に追い込まれてしまった港町が 台湾中部の彰化県にあります。

一度聞いたら忘れられないユニークな名前の港町、「鹿港(ルーガン)」です。

TW_1108_0202

台北駅から台湾新幹線で台中に行き、バスに乗り換え1時間すると 何とも趣のある古い町並みが広がってきます。

港が閉鎖された日中戦争後から時間が止まってしまったかのような レンガの古い建物が、鹿港には多く存在するのです。

TW_1108_0203

鹿港には黄土の砂から街を守るため、曲がりくねった道が多く作られています。

TW_1108_0204

赤レンガの細く長くくねった道は九曲巷。 女性とすれ違うと胸にあたってしまうことから模乳巷と名付けられた道もあります。

TW_1108_0205

街中で最も目立つバロック式の建物は、鹿港民族文化館です。 日本統治時代には豪商が住んでいた豪邸で、 現在は200年前からの貴重な文化品が6000点あまり展示されています。

TW_1108_0206

展示品の中には纏足用の美しい小さな靴や 夫人寝室に使用人の寝床なども、そのままの姿で見ることが出来ます。

また敷地内には小川が流れ、何ともいえぬ雰囲気をかもし出しています。

TW_1108_0207

鹿港の大通りを進んでいくと、存在感のある艶やかな天后宮に辿りつきます。

ここに奉られている媽祖像は台湾最古のもの。 媽祖の生誕日である旧暦3月23日には、台湾中から参拝客が訪れ、 盛大に祭りが行われます。

TW_1108_0208

鹿港のもう一つの楽しみがシーフードB級グルメ! 街の中心にある第一市場には所狭しと食堂や屋台が並び 新鮮な魚介類を使った美味しい料理を、低価格で提供してくれます。

街のいたるところに真っ赤な灯篭が美しく飾られている鹿港で、 ぜひ、台湾の古い歴史に浸ってみてください。

 

アジア最大の台北市立動物園で一日満喫

11 8月
2011年8月11日

交通の便がとてもよいことで知られる台北。 地下鉄だけでなく市内の高架上には文山線(旧木柵線)が走っており、 ハイスピードでビルの谷間を潜り抜けるという爽快感を味わうことができます。

文山線はフランス・マトラー社の新交通システムを採用しており モノレールのように運転席がないため前・後車両の見晴らしは抜群。 市の中心から、山岳トンネルを抜けて終点の動物園駅まで20分ほどです。

TW_1108_01

動物園駅を降りて、徒歩1分で「台北市立動物園」に到着。 日本統治時代に作られたアジアで最大規模を誇る都市型動物園です。

TW_1108_02

パンダ、コアラ、ペンギン、カンガルーなどの人気動物もおり 爬虫類館、夜行動物館、昆虫館まである「台北市立動物園」。

園内には遊園車があり、全部見るには1日かかるという充実ぶりですが、 入園料はたったの60元(約180円・子供は半額)!夏休み中、小学生は無料です。

TW_1108_03

緑溢れる広々とした園内には400種類以上の動物が飼育されているとのこと。 台湾クロクマや台湾ザルなど台湾でしか見られない動物もいます。

TW_1108_04

亜熱帯動物エリアでは、10時~16時までの間、30分おきに大雨が降る仕掛けが。 また、好きな動物の里親になりサポートすることができるという 動物好きにはたまらない嬉しいシステムも儲けられています。

TW_1108_05

教育館では、動物園の歴史や台湾の歴史が、写真つきで紹介されているほか 平均寿命よりも20年長い、86歳まで生きた奇跡のアフリカ象、 「林旺おじいちゃん」の剝製も展示されています。

TW_1108_06

大人気のパンダ館ですが、平日は待ち時間もなくサッと観覧できます。 お昼やおやつの時間には、ガラスの前に餌を置いてくれるので 間近で大きなパンダを見ることができます。

TW_1108_07

動物園駅から徒歩2分の場所には猫空ロープウェイ乗り場があり 動物園の一番奥にあるペンギン館近くまで行くことが可能。

ロープウェイでは絶景が楽しめ、動物園と合わせて楽しむ人が多いです。

TW_1108_08

ちなみに、猫空ロープウェイには床がガラス張りのキャビンがありスリル満点! ロープウェイの終点、猫空駅近くには風情溢れる茶芸館があり、こちらも人気となっています。

ありとあらゆる動物たちを、近くで感じられる「台北市立動物園」で、 童心に戻ってみてはいかがでしょうか。

 

Copyright© 2017 台湾情報 All Rights Reserved.