原住民の文化が息づく温泉街「ウーライ(鳥来)」

18 5月
2011年5月18日

台湾の人口は、現在、およそ2200万人。 98%が漢族で、2%が原住民です。

漢族の祖先の多くは、17世紀頃に移住して来た福建人たち。 そして、彼らが移住する何世紀も昔から、台湾に暮らしていたのが 原住民たちです。

TW_1105_0201.jpg

台湾には今、アミ族、タイヤル族、サイシャット族、ツォウ族、プヌン族、 ルカイ族、パイワン族、タロコ族、プユマ族、ヤミ族、サオ族、クヴァラン族の 12族の原住民が住んでいます。

彼らのほかにも、漢民族との同化が進み、 台湾政府から原住民として認められていない民族は、 まとめて平埔族とよばれており、原住民の血をひく台湾人は実際には とても多いとされています。

TW_1105_0202.jpg

原住民は、それぞれ、異なった言語、風習、習慣を持ち、 異なった場所に固まって暮らしていました。

TW_1105_0203.jpg

台北市の中心からとても近い場所にも原住民の里があります。 台北市内から車やバスで1時間ほどで到着する山間の温泉街、 ウーライ(鳥来)に住むタイヤル族です。

TW_1105_0204.jpg

ウーライはタイヤル族の言葉で、温泉という意味。 泉質は弱アルカリ性炭酸水素温泉で、肌に優しく「美人湯」だと言われています。 ここ10年の間、ウーライの温泉はちょっとしたブームとなり温泉宿も豊富になりました。

TW_1105_0205.jpg

ウーライの中心部は、コバルトグリーンの美しく雄大な渓谷にあります。 大自然にタイヤル族の民芸文化がうまく溶け合っており、 訪れる人びとの目を楽しませてくれます。

TW_1105_0206.jpg

商店街の中央には「ウーライ・タイヤル族民族博物館」があり、 タイヤル族の歴史や文化、民芸などのほか、ウーライの土地についても学べます。

TW_1105_0207.jpg

商店街を抜けたところに架かっている橋を渡ると タイヤル族の像が目印となっているトロッコ電車乗り場へと続く階段が。 トロッコ電車は川沿いを走り、終点で降りると美しい鳥来滝を見ることができます。

TW_1105_0208.jpg

温泉だけでなく、ロープウェイやボートに乗れる湖など大自然を満喫できるウーライで、 台湾の原住民の文化にふれてみてはいかがでしょう。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 台湾情報 All Rights Reserved.