掘り出し物が多い陶器の街「鶯歌」で、本場の茶器をゲット!

05 7月
2011年7月5日

台湾人はお茶が大好き。 朝昼晩、一日を通してお茶を飲み、 外出する時も、自分で淹れた熱いお茶をポットに入れて飲むほどです。

お年寄りが憩う公園などでは、持参した茶器セットをテーブルの上に置き、 淹れたての台湾産プアール茶や凍頂烏龍茶を楽しむ姿を見ることができます。

また。台湾人の家庭を訪問すると、とっておきの茶器でもてなしてくれるものです。

TW_1107_0101

良質なお茶と上品な茶器に並々ならぬこだわりを見せる台湾人にとって、 とても自慢に思っている茶器・陶器の街が、台北市近郊にあります。

台湾最大の陶器の街、「鶯歌(インガー)」です。

TW_1107_0102

台北駅から普通列車(区間車)に乗り20分ほど揺られると、 「陶磁器の都」と呼ばれ、台湾人から愛されている「鶯歌」の駅に到着します。

駅の側には窯元の工場や窯跡が点在し、 その少し先には、近代的な「鶯歌陶瓷博物館」が建っています。

TW_1107_0103

台湾初の県立陶磁器専門博物館である「鶯歌陶瓷博物館」は、 台湾だけでなく東洋全体や西洋の陶磁器が集められており 陶磁器の発展の歴史や技法など、さまざまな角度から陶磁器を学べ、 知識を深められる場所となっています。

TW_1107_0104

「鶯歌陶瓷博物館」のすぐ側にある「陶瓷老街」と呼ばれる通りには 150メートルほどのレンガ通りに、左右100軒ほどの陶器や茶器の店が ずらりと建ち並んでいます。

TW_1107_0105

「鶯歌」には2000を超える窯元や陶磁器工場があり、 有名ブランドの茶器や食器などの製造も請けおっています。 そのためブランド名は彫られていないB級品を目にすることもできます。

TW_1107_0106

有名な台湾陶器・茶器ブランドのお店も、「鶯歌」では価格を安めに設定。

TW_1107_0107

中には、陶器を体験製作できるお店もあり、 自分好みの茶器を作る楽しみも味わえます。

TW_1107_0108

「鶯歌」には台湾料理をふるまう食堂やレストラン、カフェも多くあり、 美しい陶器で美味しい料理を食べ、繊細な茶器で上品なお茶を味わえます。

「台湾の景徳鎮」こと「鶯歌」で、ぜひ台湾茶器や陶器を手に入れてください。

 

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 台湾情報 All Rights Reserved.