台湾が誇る「科学博物館」と「天文科学教育館」で知的好奇心を刺激

28 7月
2011年7月28日

のんびりとしたイメージが強い台湾ですが、 実は日本以上に学歴が重視される傾向にあります。

公立小学校でも1年生から中間・期末試験があり 宿題も毎日たくさん出されます。

教育熱心な親も多く、週末も楽しく学問に触れて欲しいと 美術館や博物館へと繰り出す家族も少なくありません。

TW_1107_0101_jpg

そんな台湾人に人気の高い「子供も大人も楽しみながら教養をつけられる場所」が 「国立台湾科学教育館」と「台北市立天文科学教育館」です。

TW_1107_0102_jpg

士林夜市で有名な剣潭駅から歩いて15分ほどの場所にある 「国立台湾科学教育館」は1956年に設立された台湾唯一の公立科学博物館。 向かいに位置する「台北市立天文科学教育館」は1996年にオープンしました。

TW_1107_0103_jpg

近未来的な外装の「国立台湾科学教育館」は、地下1階、地上10階建ての広々とした建物。

地下1階にはジェットコースター感覚の本格的3Dシアターや実験室が、 1階には化石、天然石や鉱物石、様々な化学グッズを販売するギフトショップ、 2階はフードコート、3階は人体の不思議、4階は生物群系やエコロジー、 5階は物質科学を楽しく実験できるコーナーが、6階は台湾の地質学が学べます。

TW_1107_0104_jpg

7階、8階は特別展エリアとなっており、 毎回大きな話題を呼ぶ展示会が開催されています。

TW_1107_0105_jpg

ちなみに、9月25日(2011年)まで、世界中で話題を呼んでいる 「人体の不思議展」が開催されています。

TW_1107_0106_jpg

「台北市立天文科学教育館」の入館料は40元(約112円・子供は半額)という安さですが、 1階~3階まで大人も大満足できる本格的な天文学コーナーで 埋め尽くされています。

TW_1107_0107_jpg

また4階には探検車に乗り、宇宙旅行を疑似体験できる宇宙アドベンチャーがあり、 特殊効果満載の旅を、70元(約196円)で楽しむことが出来ます。

地下には3Dシアターがあり、こちらも迫力満点です。

TW_1107_0108_jpg

しかし、何よりも人気なのが30度の傾斜がついた座席で見るプラネタリウム・シアター。 プログラムの最後には、台北の今夜の星空を紹介してくれる嬉しいサービスつきです。

台湾が世界に誇る「国立台湾科学教育館」と「台北市立天文科学教育館」で あなたの知的好奇心を、ぜひ満たしてください。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 台湾情報 All Rights Reserved.