カテゴリー: レジャー

大雨災害。でも、今は晴れ。16時~の『カロンビーチ』。

29 4月
2011年4月29日
LINEで送る

連日大雨の日が続き、タイ南部の一部では洪水災害があったのですが、リゾート地プーケットは、特に大きな被害もなく(停電の為なのか、たまに信号機が点灯していなかったりしていましたが・・・・・。)ここ数日は、晴れやかだけれども、しっとり、いや、ねっとりとした南国特有の暑さが続いております。

「ひさびさに天気の良い日はやはりビーチにいかなきゃ!」ということで、日が陰りだしてほんのりとした暑さになった時間帯に、パトンビーチのお隣にあるカロンビーチに行ってきました。

TL20110415_1

16時~18時までの日が落ちるまでの時間帯は、肌にベタとした感が少なく結構外出タイム。
紫外線も日中より弱まっていると思うので、小さなお子さん連れの方にはこの時間帯をビーチタイムとしてお勧めできるかもしれません。ビーチチェアもそれなりに空いているて、プライベートビーチ感覚を味わえるかも。

TL20110415_2

カロンビーチといえば、パトンビーチ同様『パラセーリング』や『ジェットスキー』などのビーチアクティビティが有名ですが、雨が降りやんだばかりなのか、時間帯ではないからなのか、ビーチで行っていたのは、『ビーチバレー』。あまり巷では知られていないようですが、毎年『ビーチバレーの世界大会』が行われているカロンビーチ。世界選手とおなじコート(?)でバレーが気軽にできるなんて、プレーヤー達はちょっぴりうれしそう。(というより、その事実を知っているプレーヤーは、この中に何人いるのだろうか?)

TL20110415_3

ちなみに、このビーチバレーが行われている場所から道路を挟んだすぐ目の前が、モーベンピック リゾート&スパ カロン ビーチ (Mövenpick Resort & Spa Karon Beach )。残念ながらホテルのエントランスは、海沿いではないので、写真撮影はしませんでした。敷地内はかなり広く、4つの異なるプールや、ファミリー向けのビラなんかもあるそう。キッズスペースも充実しているのだそう。是非一度訪れてみたいです。

TL20110415_4

ホテルの隣は、観光者向けの露店がギュッと集まったショッピングモール。靴、かばん、サマードレスなど充実した品揃え。ここは、交渉次第で値切りできますが、やはり高級ホテルの隣だけあって、お値段はお高めのよう。夕方から夜にかけてが書き入れ時のようなので、4時~6時タイムはお店を訪れる人も少なく、店員さんも半ばやる気を失っている人が多いので押し売りもされる事も少なく、人に邪魔されずショッピングしたい人には◎な時間帯。

TL20110415_5

『鳴き砂』ということでも有名なカロンビーチ。ビーチ沿いの遊歩道も広々としているので夕暮れ時のお散歩にもお勧めですよ~♪

雨季におススメのアクティビティは「サーフィン」。

30 10月
2010年10月30日
LINEで送る

タイはただ今雨季真っ盛りです。『雨季』という言葉を耳にすると雨ばかり降っている情景を想像してしまいます。が、意外にもパッと降ったと思ったら、突然、お天道様が見えたり、カラリと晴れていたかと思っていたらザッと雨が降り出したりと「一日中ずぅーっと雨が降っているということが少ない事が多いです。地元では、ローシーズンとも呼ばれていて、この期間は実は10月以降の乾季時よりもホテル、アクティビティなどもかなりリーズナブルなお値段設定になっているタイ好きには見逃せないお得な時期。そんなローシーズンに、いまや世界的に有名なビーチリゾートプーケットに訪れた方にお勧めしたいアクティビティが「サーフィン」です。

TL_1001_0104

キャプション→後ろに見える小島は『プー島』(タイ語でコ・プー)

有名所はカタビーチが有名です。

 

プーケットの繁華街「パトンビーチ」の南に位置するカタビーチ。実はビーチの長さが長い「カタヤイ」とカタヤイビーチよりも海岸が短いビーチの「カタノイ」の2ビーチに分かれています。初心者に優しい波がたつのは『カタヤイビーチ』なので、なぜかサーフィンといえば『カタヤイビーチ』が有名になるようになってしまいました。とはいっても、実はお隣にある『カタノイビーチ』は、経験豊富なサーファーや地元ローカルサーファーの隠れスポットになっているようです。こちらのビーチ利用者の90%あたりが欧米人なので雰囲気もアジア風を通り越して欧米リゾート気分が味わう事が出来るので「アクティビティはちょっと・・・・・。」とのんびりモードで遊びに来ている人にも意外にお勧めですよ。

TL_1001_0101

キャプション→充実したサーフボードの数々。

TL_1001_0102

キャプション→赤い旗が立っている時の海水浴には要注意。

レンタルスポットもあります。

ビーチには、いたるところでサーフボードレンタルしているスポットがあります。初心者サーファーに人気のロングボードからショートボートなどボートの種類も豊富な上、子供や女の子の為にはボディボードのレンタルもしているので家族みんなでサーフタイムを楽しめますね。レンタルスポットでは、いつでもローカルサーファーが待機しているので、英語またはタイ語ですが、希望があればサーフレッスンも受講することができます。「初心者だから不安。」という人は是非詳細を聞いてみるといいですね。英語(またはタイ語)が苦手な人はオンザビーチではありませんが、カタビーチ周辺には日本人オーナーが経営するサーフショップもあるので事前に連絡してみるのが良いかもしれません。

TL_1001_0103

キャプション→波に乗れた爽快感はたまりません。

意外に知られていないようですが、プーケットは毎年世界的サーフブランド『クイックシルバー』主催のサーフコンテストが開催されている東南アジアでは名が知れているサーフスポット。ハワイ、バリに続き今、国内のプロ級サーファーからも熱い視線を送られているようです。今ホットな隠れ家的サーフスポットで皆さんもサーフィンデビューしてみてはいかがでしょうか?

Copyright© 2017 タイ情報 All Rights Reserved.