カテゴリー: 買い物

『みなみのしま』の縁日~シャロン寺院(プーケット)

05 3月
2011年3月5日
LINEで送る

ここ数年、日本ではパワースポットブームですよね。タイの人達も人口の約90%が、熱心な仏教徒だけあって、お寺へのお参りは欠かしません。タイのお寺では、1年に一回寺院のチャリティーも兼ねての縁日(?)を行う所が多いんですよ。実際は、縁日と言って良いのかわかりませんが、物産展もどきの食べ物屋さんや、移動式のキッチュなメリーゴーランドやジェットコースターもどきの乗り物が寺院内に沢山出店し、小さな子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで老若男女が楽しめるワンダーランドに大変身する週間になるのです。ということで、今回は、タイ国内でも「宝くじが当たる!」「就職先が見つかった!!」などご利益があることでタイ人の間でも願い事が叶うお寺として知られている南の島プーケットにある「シャロン寺院」の縁日2011年版をご紹介したいと思います。

TL_2011_03_01_01

縁日といえばやはり屋台。といっても屋台が日常に定着しているタイ。縁日の屋台のお目当ては、縁日でしか買えない食べ物達。キャラメルのように、ソフトな触感でほんのり甘い「ガラメー」。笹の葉に包まれたもち米はまさに、日本の粽でしょう!と言いたくなる「バーチャン」。黒砂糖をまぶして食べると美味です。丈の筒の中にココナッツミルクと砂糖で味付けしたもち米がギュウギュウ詰まった「カオラーム」販売する露店がズラリ。屋台というよりほぼ物産店に近く、マイクを持ったおじさんが「こちらは、○○地方からやってき○○さん。ガラメーを販売中。もちもち、ソフトだよ~♥」(もちろんタイ語。)とうるさいぐらいにMCをして更にグルメの心をわしづかみにしていました。

TL_2011_03_01_02

→縁日ではなぜか、オレンジジュース(ナムソムカン)を販売する屋台が多いのです。

子供達が一番縁日でうれしいのは、移動遊園地。昭和初期にタイムトリップしてしまったのか?と思わず首をかしげてしまうほど、かなりレトロな感じの乗り物が多いです。1回の乗り物チケットが10バーツ(27円程度)で、お菓子を買う感覚で楽しめてしまうのはこどもにとったらうれしいですよね~。必ず近くにアイスクリーム屋さんがスタンバイしているのもなんだか納得。

TL_2011_03_01_03

→モーターは、軽自動車を改造したもの。

なぜかこの縁日に沢山出店しているのが、植物屋さん。数年前までは、かなりリーズナブルプライスで販売していましたが、最近は長期滞在外国人が良く購入するということで、お値段が高く設定されるようになりました。といっても、よ~くみまわしてみるとまだまだ、タイ人プライスで販売しているお店もあります。お店を見つけるコツは、きれいに陳列されているお店でなく、テーブルの上に植物が無造作に置かれているお店を見つける事。

TL_2011_03_01_04

→今まで一度も見たことのない植物もあり!

ともあれ、タイでも日本同様縁日はやはり盛り上がるイベントのよう。中学生や高校生のデートスポットにもなっているようでした。小さな寺院でも規模は小さくとも1年に1回はこのようなチャリティー縁日を行っているようなので、是非機会があったら訪れて、地元の熱気と食べ物を堪能してみてくださいね~★

Copyright© 2017 タイ情報 All Rights Reserved.