月別アーカイブ: 11月, 2010

心と体のパワースポットはバンコク最古のお寺  ~ワットポー

16 11月
2010年11月16日
LINEで送る

ここ2,3年で、日本ではパワースポットブームが盛り上がっているようですね。有名女性雑誌は揃ってパワースポット特集を組み、海外パワースポットの人を元気にしてくれるパワーをくれるスポットをこぞって紹介していますが、場所はバリ島やハワイ、アメリカ本土などばかり・・・・・。タイにだって沢山のご利益とパワーをいただける場所があるんですよ~。それは、昔から人がパワーと安らぎを求める為に通う沢山寺院。その中でも、心だけではなく、疲れた体にもパワーを気持ちよく頂ける寺院「ワットポー」をご紹介したいと思います。

TH20101115_1

ラーマ1世とワットポー

仏歴2331年(西暦1788年)に、初代のシャム国王であるラーマ1世によって建てられたバンコク最古の寺院。本堂には外回廊には244体の仏像が並び、ブロンズで作られ高貴な輝きを見せる本尊と、100体以上の仏像が安置されている内回廊、ラーマ1世の納骨が収められている厳格な場所でもあるのです。あまり、知られていないようですがタイにある一番古いお寺でもあるのがワットポーなんですよー。

びっくりするぐらい大きな涅槃仏様

ワットポーの見どころといえば、礼拝堂の中にいらっしゃる全長49メートル、高さ12メートルのとてつもなく大きな涅槃釈迦像。こちらはラーマ3世時代に作られたそうで、見るだけでその穏やかな顔立ちそして、今まで見たことのない迫力で安堵の世界へトリップしてしまいそうなご利益のある仏像。リラックスしているようなポーズさえも、心を和ませてくれるようです。

TH20101115_2

注目は足の裏

大きさに圧倒されてすっかり見落してしまいそうですが、注目すべき場所はお釈迦様の足の裏。悟りを開いた仏には、「手足の指が長い」などのいくつかの超人の相が現れるのだとか。「足の裏は真っ平ら」とういうのもその超人相の一つ。もちろんこちらの巨大な仏様の足の裏も1直線の真っ平ら。もちろん、長さ5メートル、幅1.5メートルと足の裏もとてつもなく大きいのですが、注目して欲しいのは、タイの仏教に深く関係を持つバラモン教の宇宙観が細かく砕いた貝殻を埋め込む職人技技法で描かれた108の絵柄。溜息が出てしまうほど美しく、繊細なご利益のある足の裏です。

TH20101115_3

マッサージの総本山

ラーマ3世の時代には、医学や学問などの知識を絵柄にし、境内に描き記すことによって人々に学問を解放したとされるワットポー。今では、タイを代表する医学の一つである「タイマッサージ」の総本山ということで有名ですよね。マッサージスクールもあり、そこで学んだ生徒さん達が体をほぐしてくれるマッサージ場が境内に2か所設置されているので、気軽に体にもパワーももらうことができます。体だけでなく、足裏マッサージなどその時の気分でメニューを選んでみてはいかがでしょうか?

ワットポーは、エメラルド仏で有名なワットプラケーオと王宮のすぐ北側に位置し、徒歩でも行ける距離。立地的に観光プランを立てやすいのもうれしいですよね。是非みなさんも、古くから伝わる格式ある寺院で心と体にパワーをもらってみてくださいね☆

TH20101115_4

やっぱり美味しいタイ料理~麺類編

03 11月
2010年11月3日
LINEで送る

秋も深まり、寒い冬に到来しそうな今日この頃。暖かいラーメンなんか無性に恋しくなったりしませんか?一年中暖かいタイでも、なぜかラーメンをはじめとした麺類は大人気。素早く食べられることからランチに屋台などでオーダーする人がとても多いです。意外に知られていないようですが、タイ料理は麺類メニューも豊富なんですよ。ということで、今回はタイ料理を代表する麺類メニューをご紹介しちゃおうと思います。

クェッティオ

TL_2010_11_01_01

タイラーメンといえば「クェッティオ」。日本のラーメン同様、黄色い麺のバーミーと米麺の2タイプ。さらに、米麺は、ビーフンぐらいの極細麺のセンミー、それより少々太めのセンレック、そしてきしめんを2倍ぐらいに幅を拡大させたセンヤイ。と、実は、自分好みの麺の種類が選べちゃうんです。「でも、タイ語が話せないし~。」とちょっぴり引け越しになっている人でも大丈夫。屋台やフードコートでは大抵店先に透明なガラス戸の中に麺が並んでいるのでお好みの麺を指さしすれば、お店の人もきっとわかってくれるはずですよ。
ラットナー(あんかけ麺)

TL_2010_11_01_02

ラーメンの他で、意外に人気があるのがこちらの「ラットナー(あんかけ麺)。」適度にカリッと麺を炒め、別にニンニクを入れて手早く炒めたキャベツ科の野菜カイラン菜、豚肉、鶏肉やエビやイカなどの魚介類などお好みのメイン食材を炒めたらその中にジャーッとスープを注ぎ、ナンプラー、プラスアルファの調味料で味を調えたら、最後にコーンスターチでとろりととろみをつけたあんかけ麺。極太米麺(センヤイ)で作ってくれる所が多いですが、もちろんこちらも麺の種類は選べますよ。

パッシィーウ(醤油味の炒め麺)

TL_2010_11_01_03

タイ語で「パッ」は炒める、「シィーウ」は醤油という意味。直訳すれば、醤油風味の炒め麺といった所でしょうか?作り方はいたってシンプルで、野菜とお好みの具を油で炒めたら米麺を入れて炒め、「シィーウダム」と呼ばれる比較的甘めのドロッとしたタイ料理に欠かせない調味料やタイ料理に欠かせないナンプラーなどで手早く味付けをした焼きそば風の一品。「シィーウダム」を入れることで香ばしさが食欲をそそる人気麺。なぜか、ガイドブックなどでは紹介されていない日本ではマイナーメニューの一つです。

パッタイ

TL_2010_11_01_04

タイ料理の中でも日本人に比較的人気のパッタイ。現在はケチャップまたは、チリソースなどにお酢を入れてパッタイ独特の甘酸っぱさを表現しているお店が多いのですが、往来のレシピはコクのある独特の酸味が光るマメ科の植物「タマリンド」を使用します。パッタイは何処のレストラン、屋台にもメニューで並んでいますがなかなか本物の味に出会えることが少ない1品です。

意外に麺料理が多いタイ料理。パッと食べられる麺料理は、タイのランチでも大人気のメニューです。ということで、タイを訪れたらみなさんも是非、ランチでいろいろな麺類を食べ比べてみてくださいね!!

Copyright© 2017 タイ情報 All Rights Reserved.