月別アーカイブ: 1月, 2011

フードコートで屋台料理を堪能

17 1月
2011年1月17日
LINEで送る

サワディビーマイカ~!お正月モードもすっかり抜けきったタイ。と、私事ですが最近IPHONをゲットしたばかり、WIFIエリアが意外に多いタイでは3G契約をしていなくとも気楽に出先で調べものや、退屈しのぎに、辞書代わりに、広辞苑の代用に日々活用しております。と、ピコピコIPHONをいじっていると何気なく目についた「フードコート」の文字。これも何かの偶然、いや偶然は必然ともいうことで、2011年、年明けはタイの「フードコート」をご紹介しちゃいたいと思います。

TL2011-01-10-1

→ 懐かしの大食堂を彷彿させます。

手軽な値段で料理が堪能できるセルフサービススタイルのフードコート。タイでは、大型スーパーマーケットやショョッピングモール、デパートメントストアーなどに隣接して、お昼から夜まで沢山の人でにぎわっております。タイ料理意外に、最近ではインド料理、ベトナム料理、イタリア料理などなど多国籍な料理が楽しめるフードコートも増え、庶民のフードコートのイメージからちょっとおしゃれなフードコートに変身を遂げるフードコートも出現しています。

TL2011-01-10-4

→ ワンプレート料理がメインです。

さてさて、このフードコートの利用方法ですが、まずはカウンターでクーポンを購入。クーポンといっても最近は希望金額をICカードに入れて渡してくれるフードコートが多いですね。お値段も100B~のところが多いよう。(空港内に隣接しているフードコートは500B~なんてところもありました。)もちろん使いきれなかった分は、最後に同じカウンターでお金を返金してもらえるのでご安心を。

TL2011-01-10-2

→ カウンターのお姉さんは何処も無表情な人が多い・・・・・・。

フードコート内では、現金のみで取り扱っているスタンドもあるので、注意しましょう。小さなお子様連れには子供用シートもちゃんと用意されていて、子供がある程度騒いでもまったく問題ないので、お子様連れの家族にもお勧めですね。

TL2011-01-10-3

→ 入金が不足していたら追加も可能。

外国人よりも圧倒的に地元タイ人の活用率が多いので低料金はお墨付き。「屋台はちょっと・・・・・。」と衛生面から屋台メニューを食べ損なっている人にとったら、屋台で食べられるメニューが勢ぞろいしている事も魅力ですよ。(199ワード)

TL2011-01-10-5

→ 日本のナショナルフード(?)「寿司」。こちらは現金でどうぞ。

ということで、タイを訪れた際は、美味しくて、お財布にとってもやさしいフードコートを是非利用してみてくださいね~★

一流レストランでタイ料理を学ぼう!

11 1月
2011年1月11日
LINEで送る

旅の醍醐味は『食』と言う人も意外に多いのでは?タイにはフラッシュな果物や野菜ハーブ、美味しいお肉など沢山の美味しい食材に溢れています。世界で数ある料理の中でもピリリッとスパイシーなタイ料理は、日本でも男性陣を筆頭に意外に多くのファンがいるようですね。ということで、今回は旅行へ行ったら『食べる』だけではなく、どうせなら帰国してからも家で現地の味をそのままのそっくり食卓に並べられるように、タイ料理クラス@タイランドをご紹介しようと思います。

TL20110101-1

クッキングクラスは、有名レストランからホテル、地元密着型のクラスまで千差万別。料理コース参加料金も様々です。タイの食材を知ってもらおうと朝市や食材が集まる地元市場に食材選びから始めるコースもあるので、料理の作り方だけではなく、タイの食文化を学びたい人は是非、市場巡りを行っているコースを選ぶのがお勧めです。

私が参加した料理教室は、世界中に支店を構える有名レストラン『ブルーエレファント』が開催する料理教室。毎日教えてくれるレシピが異なるのでレザベーション前にメニューを確認するのがお勧めです。

TL20110101-2

まずは世界の著名人の舌をうならせてきた現役シェフ&アシスタントさんが、レクチャールームで料理を披露。その後隣のキッチンルームに移り各自テーブルにすでに用意されている材料を使ってシェフが作った手順で料理を作っていきます。タイ料理もカレーを長時間煮込んだりせず、炒め物などが多いので1品に対して大抵10分から15分で調理が完了。「材料さえそろえばタイ料理は意外に簡単に作れるのだな~。」と実感させてくれました。

こちらのレストランでは1回のコースで3~4品。最後は、作った料理を素敵なインテリアのレストラン内で会食をします。最後にデザートまでつけてくれるので、レストランで食べるだけよりも、コースに参加した方がグルメな人にはお得なような気がしました。会食終了後は、修了証書とオリジナルカレーペーストなどのお土産もついているので、さらにお得感が増しました!!

TL20110101-3

正直、料理好きに限らず、一度参加して損はないコースだと実感しました!!こちらのコースにかぎらず、是非一度タイに訪れた際は食べるだけではなく、『作って、食べる』クッキングクラスに参加してみてはいかがでしょうか?

TL20110101-4

Copyright© 2017 タイ情報 All Rights Reserved.