6月は、プーケットでRun!!

05 6月
2011年6月5日
LINEで送る

みなさん。お元気ですか?日本は、春、いや初夏に突入しようとしている今、冬の間走る事をお休みしていた方も、「今年から走ってみよう!」と決意をした初心者ランナーさんも多い時期ではないでしょうか?ということで、今回は、ランナー人口も増加中に加速がかかる今日この頃にちなんで、来月6月に行われる『プーケットマラソン』についてお伝えしちゃいたいと思います。

TL201106_01_3

→熱い南国らしくまだ薄暗い早朝スタート。

まずは、『プーケットマラソン』についての説明を。2004年に起きたスマトラ沖地震。その津波被害地でもあったプーケットの復興を気に始まったのがこのマラソン大会の主旨でした。国際マラソン大会として長距離レース協会公認の42.195kmのフルマラソンコースの他に、21kmのハーフマラソン、12歳~参加できる10.5km ラン、「ぼくも、走りたい~!」と熱望する12歳以下のお子様の為に2kmのキッズランもあり、コースも豊富。「マラソンするぞ~!」と意気込む人だけではなく、主催者側が、Everyone’s a winner!(誰もが勝利者だ!)と謳っているだけあり、どちらかというと、「楽しんで走りたい!」そんな人達向けに開催されるマラソン大会です。

TL201106_01_2

→水分補給はしっかりと。

開催側のメインは、『シェラトン・グランデ・ラグーナ』や『バンヤン・ツリー・プーケット』など有名高級リゾートホテルが集まる島の西海岸バンタオビーチ周辺に集まるスタートは、プーケットの高級リゾートホテルが密集するプーケットラグーナ。開催日前夜の6月11日には、5★ホテルのシェフが腕を振るうパスタパ―ティーも開催予定。参加者の約50%以上は外国人。国際色豊かなアットホームなレースなので、走ること以外にも、楽しい事が盛りだくさん!!

TL201106_01_1

→田園風景が疲れを癒してくれます。

又、この大会では、タイの学校発展維持プログラムとして、チャリティー活動も行っています。今回新たに2010年のサイクロンの被害にあったパンガー県にある学校を今後2年間、教育者、地域と共に施設の設備投資や、教育プランなどをサポートしていく予定です。参加されない方も6月10日、11日のマラソンエクスポ会場にて募金箱を設置しているので、是非協力してみて下さい。

TL201106_01_4

→ゴール時は誰もが感激!!

と、マラソンやランニングは日本だけで流行中ではありません。実は、地元プーケットでもランナー人口増加中。もともと、ムエタイ(タイボクシング)ジムでは、トレーニング前に、団体で走っている姿を昔からよく見かけましたが、早朝、長期滞在の外国人の方。夕暮れ時には、仕事を終えてリラックスタイムに入った地元タイ人の方が世代を超えて、それぞれのファッション&ペースでランニングしている姿を良く目にするようになり、『プーケット=マラソン』という観念が少しずつですが、地域住民にも定着しつつあるようです・・・・・・。

プーケットマラソンは毎年6月!海を満喫しにプーケットへ訪れる際は、地域社会への貢献と自然あふれる緑に囲まれながら、すがすがしく自分と向き合って走ってみてはいかがでしょうか?

ラグーナ・プーケット国際マラソン
http://www.phuketmarathon.com/japan/index.php

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 タイ情報 All Rights Reserved.