カテゴリー: イベント

日本の春といえば桜ですが、イスタンブールの春といえば?

28 4月
2011年4月28日

今年も国際チューリップフェスティバルの季節がやってまいりました。チューリップといえば、日本ではオランダが有名ですが実はトルコが原産国。この愛らしい花はトルコの国花ともなっており、オスマン時代のタイルやテキスタイルにも多くアレンジされているデザインモチーフでもあります。

turkey20110402-1

日本では幼稚園児の絵画のようにぷっくりとふくらんだ花といったイメージですが、トルコでは一般的なデザインでは縦長で途中がきゅっとくびれ、花弁の先端が細くとがった、少し大人っぽいチューリップのほうが主流です。トルコ語ではラーレというのですが、女の子につけられる名前でもあります。

turkey20110402-2

イスタンブールの春を彩る国際チューリップフェスティバルは、今年で6回目を迎えます。今年は4月1日から30日まで開催されており、街はチューリップであふれます。スルタンアフメットなどの観光地、タキシム広場などの中心地、大きな車道の中央分離帯などさまざまなところにチューリップが植えられて、カラフルな頭を揺らしています。今年植えられたチューリップの種類は、なんと82種もあるのだとか。残念ながら4月に入ってから天候が崩れ、冬のような肌寒さが戻ってきたのですが、そんな中車窓から見るチューリップは、もうすぐやってくる春の暖かさを体現しているかのようで、気分も幸せになります。

turkey20110402-3

特にたくさんのチューリップが見られることで有名なエミルガン公園は、この時期週末は家族連れで大変な賑わい。海沿いや公園内にあるオスマン時代のスルタンの別荘ともいえるキョシュク(東屋)を改装したレストランやカフェで、もしくは公園内のピクニックエリアでお弁当を広げて、みんな楽しそうです。仕上げにはもちろん、チューリップ型のガラスコップに注がれたチャイが欠かせません。春の風物詩を、地元の方々に混じって楽しんでみてはいかがですか?

バレンタインディ狂想曲

17 3月
2011年3月17日

2月14日はバレンタインディでした。トルコでもこの日は恋人たちの日と呼ばれ、街はハート型のデコレーションで彩られます。女の子から告白する日なんていうイベントではなく、プレゼントは通常男性から女性へ。評判のレストランやホテルは凝ったバレンタインパッケージを組み、どこもかしこもカップルでいっぱい。日本で言うとクリスマスに似ているでしょうか。

TUR03022011-1

いつもは子供向けのアニメキャラクターを模ったカラフルな風船を売り歩いている風船売りも、この日が近づくにつれ、大きなハートをいくつも抱えて町を歩きます。お菓子やさんやレストランだけでなく、スポーツクラブや車のディーラーまであらゆるところに飾られているこの赤い風船でできたハート、いったいいくらなのかが気になります。個人で買う人もいるのでしょうね。

TUR03022011-2

TUR03022011-3

空に浮かぶ雲でできたハート。恋人たちの日おめでとう!と広告を出していたのは、なんとイスタンブール市中心にあるべシュクタシュ区の区長。行政がバレンタインディを祝うなんてちょっとびっくりです。それだけ市民に溶け込んだイベントになっているということですね。

tuR03022011-4

ハート型のクッキーやチョコレート、花はプレゼントの定番で、配達人たちがたくさんのブーケを抱えて町を行きます。ただし経済危機の影響が残る今年のバレンタインの傾向を示す言葉として言われたのが「恋人にはプラチナの指輪、妻には花束」というもの。どちらも素敵な贈り物だと思うのですが、その価格差はトルコ女性にとっては許せないほど膨大で、つまるところトルコ男性も釣った魚にえさはやらないということでしょうか。

TUR03022011-5

もうひとつ日本では考えられないのは、新聞広告を出して愛を告白する習慣です。「僕のヤスミン、一生を君とともに。愛してる。ウミット」まるで、これはプロポーズなのではと思えるものもちらほら。普段から恋人に詩を贈ったりするようなロマンチストの多いトルコ。凝った名台詞のオンパレードです。

TUr03022011-6

今年は当日までに、モスク上空を飛び交う鳥たちまでもが、ハート型を形作ってお祝いをしたとニュースになりました。こんな風景を二人で見られたら、運命を感じてしまうかもしれませんね。

TUR03022011-7

大陸間を徒歩で渡る

04 11月
2010年11月4日

イスタンブールは、世界でも珍しい二つの大陸にまたがった都市です。アジア大陸とヨーロッパ大陸は、ボスポラス海峡という長さ30キロあまり、幅は最も狭くなるところでは、ほんの600メートルほどになってしまう海峡によって分かたれ、そのふたつの大陸の間には現在2本の巨大なつり橋がかかっているのみです。

TUR20101101_1

さて、このつり橋ですが、2本とも幹線道路となっており、自転車や徒歩の通行は禁止されています。しかし、一年に一回だけこの橋を徒歩で通過できる日があります。それは、大陸間ユーラシアマラソンが行われる日です。

この日は朝から昼過ぎまで、コース上の道路は閉鎖されます。ボスポラス大橋と呼ばれる第一大橋の通過は、このマラソンの目玉です。海外からの招待選手なども参加するフルマラソンのほかに、15キロのハーフマラソン、8キロの市民マラソンがあります。市民マラソンはFUN RUNとも呼ばれ、まじめに走るというよりは橋の上での記念撮影を目的にみんなぞろぞろと歩いていきます。

TUR20101101_2

仮装している人がいます。ローラースケートを履いた人がいます。スカーフやコートを着込んだイスラミックファッションの女性もいます。ベビーカーを押すお母さんもいます。着ぐるみキャラクターもゆれながら歩いていきます。今年は、トルコにおける日本年にあたる為、マラソン当日10月17日には2010年日本年Tシャツを着た日本人もたくさんいます。

TUR20101101_3

当然ながら、橋の上は大混雑。すわりこんでお茶やパイを取り出し、ピクニックを始める人、橋に自分のサインなど落書きを始める人、トランプをはじめたグループもいます。スタート地点はアジア側で、そこからヨーロッパにあるゴールを目指すのですが、アジア側に住む人の中には、橋の上の景色を堪能してそのまま引き返す人も多く、逆流の人の流れができてさらに好き放題。でもみんな本当に楽しそうに笑っています。

TUR20101101_4

おやおや、でも落書きはダメですよ。

TUR20101101_5

完走者には記念メダルが贈られます。一年に一度のこのイベント、来年はあなたもいかがですか?

TUR20101101_6

Copyright© 2017 トルコ情報 All Rights Reserved.