月別アーカイブ: 1月, 2011

古き良きイスタンブールへ

26 1月
2011年1月26日

イスタンブール新市街の中心と言えるベイオウル地区は、目抜き通りであるイスティクラル通りを中心に、80-120年もの歴史を経た建物がたくさん残されています。今も教会や各国の領事館が集中するこのあたりは、昔から外国人が多く住み着いた地域で、一般のビルの設計もイタリアやルム風のものが多く、イスタンブールの中でも独特の、歴史と異国情緒を同時に感じさせるノスタルジックでおしゃれな繁華街となっています。

20110101-4

そのベイオウル地区の中から、今日はチュクルジュマを散歩することにしましょう。新市街のへそ、タキシム広場から伸びるイスティクラル通りとその隣のスラセルビレル通りに挟まれたこの地域には、数多くのアンティークショップが点在しています。建物自体も天井が高く、ドアや窓が縦に細長い、いわゆるベイオウルエブレル(ベイオウル風の家)といわれる作りのものが多く、露出させたレンガにアラビア文字のサインが入っていたり、地域全体がアンティークショップのよう。

turkey20110102-1

豪華な大型家具から古道具屋まで、点在する店は個性豊か。細かい雑貨が雑然と置いてある店で掘り出し物を文字通り発掘するもよし、きちんと整理して展示された店で、そのもののたどった歴史を教えてもらうもよし。自分だけの一点ものティーカップを見つけて、帰国してから優雅なタイムトリップを楽しむなんていうのも面白いと思いませんか。

turkey20110102-2

銅や真鍮細工も有名なトルコですが、時間を経たものには一層豊かな味わいがあります。細かな手作りの銀細工が施された下駄は、昔ハマムで貴婦人たちが使っていたもの。大理石の蒸し風呂であるハマムは、昔はそこで母親たちによる嫁候補選びが行われたといわれたり、最近も

女性だけの婚前パーティが行われたり、ちょっとした社交場でもあるのですね。

TURKEY20110102-3

次から次へと店をはしごしながら、どんどん坂を下っていくと最後にはガラタ橋の方向に出ます。1001の顔を持つ街イスタンブールの、また違うひとつの顔を発見できるルートです。

Copyright© 2017 トルコ情報 All Rights Reserved.