月別アーカイブ: 4月, 2011

日本の春といえば桜ですが、イスタンブールの春といえば?

28 4月
2011年4月28日

今年も国際チューリップフェスティバルの季節がやってまいりました。チューリップといえば、日本ではオランダが有名ですが実はトルコが原産国。この愛らしい花はトルコの国花ともなっており、オスマン時代のタイルやテキスタイルにも多くアレンジされているデザインモチーフでもあります。

turkey20110402-1

日本では幼稚園児の絵画のようにぷっくりとふくらんだ花といったイメージですが、トルコでは一般的なデザインでは縦長で途中がきゅっとくびれ、花弁の先端が細くとがった、少し大人っぽいチューリップのほうが主流です。トルコ語ではラーレというのですが、女の子につけられる名前でもあります。

turkey20110402-2

イスタンブールの春を彩る国際チューリップフェスティバルは、今年で6回目を迎えます。今年は4月1日から30日まで開催されており、街はチューリップであふれます。スルタンアフメットなどの観光地、タキシム広場などの中心地、大きな車道の中央分離帯などさまざまなところにチューリップが植えられて、カラフルな頭を揺らしています。今年植えられたチューリップの種類は、なんと82種もあるのだとか。残念ながら4月に入ってから天候が崩れ、冬のような肌寒さが戻ってきたのですが、そんな中車窓から見るチューリップは、もうすぐやってくる春の暖かさを体現しているかのようで、気分も幸せになります。

turkey20110402-3

特にたくさんのチューリップが見られることで有名なエミルガン公園は、この時期週末は家族連れで大変な賑わい。海沿いや公園内にあるオスマン時代のスルタンの別荘ともいえるキョシュク(東屋)を改装したレストランやカフェで、もしくは公園内のピクニックエリアでお弁当を広げて、みんな楽しそうです。仕上げにはもちろん、チューリップ型のガラスコップに注がれたチャイが欠かせません。春の風物詩を、地元の方々に混じって楽しんでみてはいかがですか?

イスタンブールサファイアが3月4日に正式にオープンしました。

04 4月
2011年4月4日

TUR20110401-1

それは何かって?現在イスタンブールで最も高い(261m)ビルであるだけでなく、ヨーロッパでも4位につける(上位1-3位はすべてモスクワ)メトロ4.レベント駅の真上にできた新しいランドマークビルのことです。入り口から2階と地下はショッピングセンター、途中は高級レジデンス、最上階はさぞかし豪華なレストランになるのだろうと思ったら、なんと展望テラスとしてオープン。レジデンスのセールス文句だった「地上230mのゴルフ」はゴルフの打ちっぱなしもしくはシミュレーショントレーニングが上層階にできたらしいのですが、残念ながら一般公開は今のところなく、レジデンス居住者のみのものです。

TUR20110401-2

さてさっそく正面入り口から入ってみます。なにせトルコのこと。オープンしたてはなんだかテスト営業みたいなもので、展望テラスの案内がどこにも出ていません。インフォメーションセンターで聞いてみると、1階上のレストラン階に直通エレベータがあるとのこと。そのフロアに上がり見回すと、はいはい、ありました。チケットは展望テラスのみなら15TL、そこの4Dアトラクションチケットとセットだと25TL。せっかくなのでセットでご購入。

TUR20110401-3

入り口では係員が一人ひとりのチケットをレーザーで読み取ります。帰りまでこのチケットはなくさないように。帰りもレーザーでチェックがあります。中に入ると右手にエレベータがあるのですが・・・ドアはあるけど、呼ぶためのボタンがない。どうするの?とおろおろしてると、人が集まったのを見計らって係員のお姉さんがやってきて、ドアが開きました。ぞろぞろと出てくるお帰りになる人たち。エレベータボーイが中にいて、上と下をピストン送迎しているのです。いよいよ乗り込んで、54階まで一気に上がります。ちょっと耳がきーーんとするなあ。さあ、展望テラスに到着です。

TUR20110401-4

4.レベントってオフィス街なんですね。ですから正直、景色もあんまり期待していなかったのです。期待していなかっただけに、おっという驚きがありました。なかなかの景色です。遠いですが、旧市街歴史半島、その向こうのマルマラ海に浮かぶ船まではっきり見えます。逆に目をやれば、遠くボスポラス海出口、つまり黒海のほうまで見えるのです。真下にあるバスステーションはまるでおもちゃのようです。ガラス張りだけど屋根はない展望フロアの一階上には、ひとつだけ望遠鏡が据えてある室内展望フロアが。机といすがぽつぽつおいてあるだけですいてるし、こころゆくまでゆったり景色を独り占めできるんです。そして実は先ほどの一階下のフロアから、さらにこの室内展望フロアの上の階に出ることができます。地味な階段と写真マニアのためにという看板がありますが、見落としてしまいがちなので注意。風景はあまりかわらないけど、ガラス越しではない写真が取れるという意味では上がってみる価値ありです。

TUR20110401-5

高いところや新しい物が好きな方はぜひ行ってみてください。

ISTANBUL  SAPPHIRE

Copyright© 2017 トルコ情報 All Rights Reserved.