日本の春といえば桜ですが、イスタンブールの春といえば?

28 4月
2011年4月28日

今年も国際チューリップフェスティバルの季節がやってまいりました。チューリップといえば、日本ではオランダが有名ですが実はトルコが原産国。この愛らしい花はトルコの国花ともなっており、オスマン時代のタイルやテキスタイルにも多くアレンジされているデザインモチーフでもあります。

turkey20110402-1

日本では幼稚園児の絵画のようにぷっくりとふくらんだ花といったイメージですが、トルコでは一般的なデザインでは縦長で途中がきゅっとくびれ、花弁の先端が細くとがった、少し大人っぽいチューリップのほうが主流です。トルコ語ではラーレというのですが、女の子につけられる名前でもあります。

turkey20110402-2

イスタンブールの春を彩る国際チューリップフェスティバルは、今年で6回目を迎えます。今年は4月1日から30日まで開催されており、街はチューリップであふれます。スルタンアフメットなどの観光地、タキシム広場などの中心地、大きな車道の中央分離帯などさまざまなところにチューリップが植えられて、カラフルな頭を揺らしています。今年植えられたチューリップの種類は、なんと82種もあるのだとか。残念ながら4月に入ってから天候が崩れ、冬のような肌寒さが戻ってきたのですが、そんな中車窓から見るチューリップは、もうすぐやってくる春の暖かさを体現しているかのようで、気分も幸せになります。

turkey20110402-3

特にたくさんのチューリップが見られることで有名なエミルガン公園は、この時期週末は家族連れで大変な賑わい。海沿いや公園内にあるオスマン時代のスルタンの別荘ともいえるキョシュク(東屋)を改装したレストランやカフェで、もしくは公園内のピクニックエリアでお弁当を広げて、みんな楽しそうです。仕上げにはもちろん、チューリップ型のガラスコップに注がれたチャイが欠かせません。春の風物詩を、地元の方々に混じって楽しんでみてはいかがですか?

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 トルコ情報 All Rights Reserved.