ペラパレスホテルという名前を聞いたことがありますか?

01 7月
2011年7月1日

今は昔の物語。豪華列車で知られるオリエントエクスプレスが、西洋社会にとってのオリエント、つまりイスタンブールのシルケジ駅にヨーロッパ上流階級の客を満載してやってくるようになったのは1888年のこと。これらのお客を満足させる西洋的な設備を備えたトルコ初の近代的ホテルとして、1892年にオープンしたのがペラパラスホテルです。オスマン式とネオバロック式を融合させた独特の建築様式が美しいこの存在自体が博物館のようなアンティークホテルは、3年の改装期間を経て昨年再びオープンしました。
tur20110702-1

数え切れない国賓や有名人を迎え入れてきたホテルですが、中でも有名なのがアガサ・クリスティ。ヘミングウェイなど他の作家達が滞在したのはスイートだったのですが、アガサが定宿としたのはスタンダードルームの    号室。彼女はいつも、もっともインスピレーションが沸く部屋としてこの部屋を指定したといいます。アガサの部屋は、当時の雰囲気を失わないように再現されており、ワードロープやバスタブの猫足は当事のオリジナルをそのまま使用しています。タイプライターも彼女が使用したものだとか。この部屋は希望すれば宿泊することも可能です。アガサファンには見逃せない話ですね。

tur20110702-2

tur20110702-3

世界で2番目に古いという木造のエレベータもこのホテルで最も人気のある施設。改装後は最新式のエレベータもでき、アンティークエレベータの方は姿は見えているものの通常は封鎖されていますが、実は立派に稼動します。この鋳造と木製の組み合わせが美しい、趣のあるエレベータは、パリのエッフェル塔のエレベータの約3年後に作られたもの。エレベータボーイに案内されて乗り込めば、古きよきヨーロッパにタイムトリップできますよ。

tur20110702-4

圧巻の装飾を誇る中央ホールでは、ティータイムサービスも行われています。宿泊しないお客様も、イスティクラル散策の際にはぜひ立ち寄って優雅なお茶を楽しんでください。

tur20110702-5

De 3 ans a 8 ans mon fıls allait a l’ecole de İnternational.
Il allait souvent chez ses amis amelicain et dormait leur.
Alors il peut parler angraise bien.
Mais il n’est pas pu lire le japonais bien. Pour lire le japonais bien, il a commence a aller a l’ecole du japon. Depuis ce moment-la, il a commence de faire du basket parce-que l’ecole du japon est un petit ecole et il n’a pas salle du sport. Mon fils aime le basket beaucoup et il lui joue tous les week-ends.

Mon ami fransais s’appelle Jean-Michel. İl a une fille et elle s’appelle Meranie. İl y a 2 anee elle habitait a Resıtpasa avec son parent et allait a Perre-loti a beyoglu. Mais enfın elle a fini se lysee et elle a eu le examen de entre de la universite. Il est parti a Lyon avec sa fılle et ıls sont reste pendant un semain.il ne lui prendait pas a belle lieux.
Quand il est retoure a Istanbul il a ete heureuse dans la vie. Meranie a toruve lyon une vılle s’ennuye. Elle ne aimait pas aller a Lyon encore.
Mais desole

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 トルコ情報 All Rights Reserved.