バレンタインディ狂想曲

17 3月
2011年3月17日

2月14日はバレンタインディでした。トルコでもこの日は恋人たちの日と呼ばれ、街はハート型のデコレーションで彩られます。女の子から告白する日なんていうイベントではなく、プレゼントは通常男性から女性へ。評判のレストランやホテルは凝ったバレンタインパッケージを組み、どこもかしこもカップルでいっぱい。日本で言うとクリスマスに似ているでしょうか。

TUR03022011-1

いつもは子供向けのアニメキャラクターを模ったカラフルな風船を売り歩いている風船売りも、この日が近づくにつれ、大きなハートをいくつも抱えて町を歩きます。お菓子やさんやレストランだけでなく、スポーツクラブや車のディーラーまであらゆるところに飾られているこの赤い風船でできたハート、いったいいくらなのかが気になります。個人で買う人もいるのでしょうね。

TUR03022011-2

TUR03022011-3

空に浮かぶ雲でできたハート。恋人たちの日おめでとう!と広告を出していたのは、なんとイスタンブール市中心にあるべシュクタシュ区の区長。行政がバレンタインディを祝うなんてちょっとびっくりです。それだけ市民に溶け込んだイベントになっているということですね。

tuR03022011-4

ハート型のクッキーやチョコレート、花はプレゼントの定番で、配達人たちがたくさんのブーケを抱えて町を行きます。ただし経済危機の影響が残る今年のバレンタインの傾向を示す言葉として言われたのが「恋人にはプラチナの指輪、妻には花束」というもの。どちらも素敵な贈り物だと思うのですが、その価格差はトルコ女性にとっては許せないほど膨大で、つまるところトルコ男性も釣った魚にえさはやらないということでしょうか。

TUR03022011-5

もうひとつ日本では考えられないのは、新聞広告を出して愛を告白する習慣です。「僕のヤスミン、一生を君とともに。愛してる。ウミット」まるで、これはプロポーズなのではと思えるものもちらほら。普段から恋人に詩を贈ったりするようなロマンチストの多いトルコ。凝った名台詞のオンパレードです。

TUr03022011-6

今年は当日までに、モスク上空を飛び交う鳥たちまでもが、ハート型を形作ってお祝いをしたとニュースになりました。こんな風景を二人で見られたら、運命を感じてしまうかもしれませんね。

TUR03022011-7

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 トルコ情報 All Rights Reserved.