月別アーカイブ: 2月, 2007

ストリート・ベンダー

15 2月
2007年2月15日

ニューヨークの風物詩としてまず挙げられるのがストリート・ベンダーと呼ばれる露店商人だろう。車移動がほとんどの他の州とは異なり、マンハッタンで働く人々の大多数は地下鉄を利用し、駅からは歩いて会社に向かっている。時間に追われるニューヨーカーにとって、通勤途中に安く、手早く食べ物を調達できるストリート・ベンダーは時間もお金も節約できる便利な存在なのだ。

続きを読む →

インターネット事情

09 2月
2007年2月9日

マレーシアでは、日本に比べるとインターネット環境は良くない。お隣のシンガポールだって光ケーブルになるのは5~10年先だとヨーロッパ系のIT企業に勤める友人が言っていた。

ブロードバンドとは言っても、よく調子が悪くなるし、自宅では超スローだったりする。10年前メールやインターネットを使う事は殆どなかったのに、今や無くてはいられなくなってしまった。

日本とマレーシア、海外のどの国いても殆ど距離がなくて、いつも追われてしまう(笑)。しかし、「いや~~、なんかプロバイダーのサーバーがダウンしたらしくてメール届いてないのがあるんです。」と本当にそういう事があるから、無視したかったメールがあるときはウソをついても変に思われないかもね。本当にそういう事があって慌てることはあっても、まだウソとして使った事はないけど。(笑)

旅行や出張で来た時に、ホテルでのインターネット環境は気になるところ。大抵のホテルはブロードバンドだし、そんなに問題はないはず。でも、近隣諸国の同等クラスのホテル宿泊料金を比べるとマレーシアは安いので、ホテルのインターネット接続料は高いと感じる。

ホテルによってパッケージのシステムが違うけれど、24時間使い放題でRM50~65(1500円~1900円くらい)くらいというのが相場。1泊7000円くらいのホテルでもそのくらい取るからね。

別にちょっとだけメールチェックできればいいかな・・・とか言う人にはインターネット・カフェもあるけれど、日本語は読めても打てない場合が殆ど。

実はノートPCとワイヤレスの環境があれば、無料ホットスポットがKL市内にはある。最も人気があるのはスターバックス。スタバのコーヒーはマレーシアの物価で考えると高い(日本と変わらないからね)。地元の人たちにとっては、どちらかというとスタバにいるのは『おしゃれ&ステータス』みたいな感がある。そのことはさておき、コーヒーを飲みながら無料でホットスポットを使えるのは旅行者としては助かるよね。KLIA(KL国際空港)にも無料ホットスポットがある。
(photo 0201.jpg)

日本ではそういう場所を探しても見つからず(プロバイダー契約している人が使えるホットスポットはあったけど)、参った。

スタバだけ?って思うでしょ。実はテレコム系のTMネットではTMネットのホットスポットが使えるプリペイドカードを売っている。『短期間インターネットが使えればいいから、正式なプロバイダー契約はいらない』という人には便利。Star-up card初期登録のカード(RM30=約900円。RM30分の接続タイムと30分のボーナス・タイムがついている)はテレコムのお店でしか売っていないけれど、トップアップカードは新聞なんかを売っているマガジンショップで売っていたりもする。

ということで、クアラ・ルンプールは結構インターネット・フレンドリーな街だと思うよ(スピードのことは目をつぶってね)。

(photo 0202.jpg)

Veganのあなたに!

01 2月
2007年2月1日

Vegan(ビーガンと発音)という言葉をご存知だろうか?ベジタリアンという言葉はもう日本でもすっかりおなじみとなっているが、ビーガンという言葉はまだ聞きなれない人が多いのではないだろうか?Veganとは、完全菜食主義者のことで、肉類、魚介類はもちろん、卵、牛乳、バター、チーズなど動物性食品を一切口にしない人々をさす。動物を苦しめないというポリシーから食生活においても動物性食品を食べない、また毛皮、ウールなどの動物製品も身につけないという徹底ぶりだ。 続きを読む →

Copyright© 2017 アメリカ情報 All Rights Reserved.