月別アーカイブ: 2月, 2009

NYからワシントンDCへ鉄道の旅

09 2月
2009年2月9日

ニューヨークからワシントンDCまで、3泊の旅に行きました。

01_01

マンハッタンのペンシルバニア駅、通称ペン・ステーションからアムトラック鉄道に乗り、約3時間半でワシントンDCのユニオン駅に到着します。

01_02

電車は途中、ニュージャージー、フィラデルフィア、ボルチモアなどを通過するので、一つの旅で色々な州の景色を見ることができます。
電車の中には食堂車もあり、ホットドッグやハンバーガー、アルコール系の飲み物も売っています。

01_03

ワシントンDCは、ご存知の通りホワイトハウスのある州で、全米50州に属さずコロンビア特別区と呼ばれます。
1月の大統領就任式の際には、大変な騒ぎとなったようです。

しかし、今回、私達が滞在したのはダウンタウンでなく、DC北西部のジョージタウン。
主人が、ポトマック川を挟んだ向こう側にあるケネディーセンターで演奏するためでした。
ジョージタウンのリッツ・カールトンに滞在しましたが、大統領就任式の際には、その部屋は一泊100万円以上したそうです。

こじんまりした町、ジョージタウンの中心となるMストリートには、お洒落なブティックやレストランが並びます。

01_04

近くには、クリントン元大統領やバスケのスターだった元ニックスのパトリック・ユーイングらが卒業したジョージタウン大学があります。

01_05

また、Mストリートとジョージタウン大学を結ぶ階段は、「エクソシスト・ステップ」と呼ばれていますが、ここはホラー映画の名作「エクソシスト」の最後のシーンが撮影された階段。
ちょっとドキドキしながら登ってみました。

01_06

食いしん坊の私の一番の楽しみは、何といってもDC名物のクラブケーキ。これは、蟹の身をほぐしてハンバーグ状にしたものです。

01_07

リッツのコンシェルジェに教えてもらったClyde’sというレストランに、二日連続で通いました。
1日目はクラブケーキを、二日目はクラブケーキ・サンドイッチを。
お店では、「バック・トゥー・ザ・フューチャー」で博士役をやったクリストファー・ロイド氏が、1人でお食事をしているところに遭遇。やはりセレブにも有名なお店なのでしょうね。

Clyde’s of Georgetown
3236 M Street, NW, Washington, DC 20007
Phone: 202.333.9180

Gotham Bar & Grill

09 2月
2009年2月9日

1984年創業の、NYでは有名な高級レストラン。どちらかといえば、接待に利用されるのが多い感じです。
NYタイムスの三ツ星を4年連続で獲得した唯一のレストランで、NYマガジン誌には、”過去40年間で、NYで最も重要なレストラン”の一つに選ばれました。
料理界のアカデミー賞と呼ばれるジェイムス・ビアード財団から、2002年の”極めて優れたレストラン”に、また2006年にはシェフで共同経営者のAlfred Portale氏が”全米で極めて優れたシェフ”に贈られる賞を受賞しました。
ザガット・サーベイにはトップレストランとして10年以上ランクインされ、ミシェランでも星を受けています。

02_01

店内は、天井が高く、全体に白を基調としています。
私が行った晩は、何故だか男性客ばかりが目立ちました。
最近は不景気の影響でNYの高級レストランも予約が取れやすくなってはいるものの、やはりここは人気店。7時半を過ぎる頃には予約客でいっぱいに。ここは予約必須です。

02_02

今日は、アペタイザーにオイスターとシーフードサラダ。
あまりにも美味しそうだったのとお腹がすいていたのとで、アペタイザーが運ばれるなり手をつけてしまい、散々食べ荒らしてからアペタイザーの写真を撮り忘れたことに気づきました。ごめんなさい。
メインは、私はヒラメを、友達をステーキを注文。

02_03

ヒラメは、表面にカリッと揚げたポルチーニ茸がまぶしてあり、ヒラメの下にはカリフラワーやポテトが。

02_04

友達のステーキには、巨大なオニオンフライの塔が添えられていました。

02_05

デザートのスフレは、また食べ始めてから写真を撮っていないことに気づき・・(汗)
もうこれ以上、何も入らないほどお腹がいっぱいになった頃に出てきた、最後のプチフールだけ、写真に収める余裕がありました。

GOTHAM BAR & GRILL
12 EAST 12th STREET, NEW YORK, NY 10003
TEL 212.620.4020 FAX 212.627.7810

ランチ
月曜~金曜 12:00 pm – 2:15 pm

ディナー
月曜~木曜 5:30 pm – 10:00 pm
金曜 5:30 pm – 11:00 pm
土曜 5:00 pm – 11:00 pm
日曜 5:00 pm – 10:00 pm

http://www.gothambarandgrill.com/

ブロードウェイ・プレイ

09 2月
2009年2月9日

ブロードウェイといえばミュージカル。
でも今日は、ブロードウェイ・プレイ、即ち”お芝居”を見てきました。
「ハリー・ポッター」でお馴染のダニエル・ラドクリフ君とリチャード・グリフィス氏が出演している「エクウス」です。「エクウス」は劇団四季が公演したり、イギリスで公演されていた際のラドクリフ
君の全裸シーンや喫煙シーンが話題になったりで、結構、日本では知られているそうですね。

01_01

これは、6頭の馬の目をつぶしたことで、精神科医のもとに送られた17歳の少年のお話。
馬好きの少年が、何故、馬の目をつぶすような真似をしたのか?精神科医とのカウンセリングの中で、謎が明かされていきます。
馬を演じるのは、針金でできたような馬のマスクをかぶり、茶色いタイツを着用した6人のダンサー。
四つん這いになるわけでもなく、二本足で立ったままで馬の役を演じますが、これが不思議と馬に見えるから面白い。

01_02

「エクウス」が上映されていたBroadhurst Theatreは、44丁目のブロードウェイと8アヴェニューの間にあります。このブロックには、他にも「オペラ座の怪人」や「モンティパイソンのスパロマット」
などのミュージカルを上映するシアターが並んでいます。

01_03

また、劇場関係者御用達の有名レストラン「SARDI’S」もこのブロックにあります。
ここは、ランドマーク的存在になっている1972年創業の歴史的なレストランで、店の前で記念写真を撮る観光客の姿がよく見られます。

01_04

01_05

Broadhurst theatre
235 West 44th Street

SARDI’S
234 West 44th Street
212-221-8440

http://www.sardis.com

セント・ジョン・ディバイン大聖堂

09 2月
2009年2月9日

The Cathedral Church of Saint John the Divineは、日本語にすると正しくは聖ヨハネ大聖堂。
しかし、日本語のガイドブックやニューヨークに住む日本人の間では、セント・ジョン・ディバイン大聖堂またはセント・ジョン・ディバイン教会などと呼ばれています。
1828年に建設計画がなされ、1892年に着工されたこの大聖堂は、いまだに建築中です。
いつ行っても観光客は少ないのですが、必ずといっていいほど写真を撮りまくる日本人に遭遇します。

02_01

1万人を収容できるという世界で最も大きいゴシック様式のこの大聖堂は、ハーレムにあります。

02_02

112ストリートとアムステルダム・アベニューというあまり環境が良いとは言えない通りに面していますが、石の階段を登り、扉を開け、一歩足を踏み入れるとそこは別世界。

02_03

びっくりするほど天井が高く、神聖な空気の漂う大聖堂の中は、外の喧騒が嘘のように薄暗くひっそりと静まり返っています。

02_04

ステンドグラスから光が差し込む美しい祭壇にたどり着くまで、かなり歩きます。

02_05

実は10年近く前、この教会でコンサートが行われ、うちの主人が今は亡きジャズの巨匠マックス・ローチと共演しました。

キリスト教信者でなくとも、椅子に座って目を閉じているだけで、心が癒されますよ。

1047 Amsterdam Ave.
212-316-7540

http://www.stjohndivine.org/index.html

大聖堂のオープン時間
月~土曜日 午前7時~午後6時
日曜 午前7時~午後7時

Copyright© 2017 アメリカ情報 All Rights Reserved.