月別アーカイブ: 4月, 2009

アメリカのドーナツ事情

09 4月
2009年4月9日

アメリカでドーナツといえば、「ダンキン・ドーナツ」が真っ先に頭に浮かびます。日本でいうと「ミスター・ドーナツ」のような存在です。

02_01

ドーナツの名前も種類もミスタードーナツとそっくりですしね。それもそのはず、「ミスター・ドーナツ」の創業者は元々「ダンキン・ド
ーナツ」の共同経営者。意見の対立があり独立したものの、後に「ミスター・ドーナツ」は「ダンキン・ドーナツ」に吸収合併され、「ミ
スター・ドーナツ」としての店舗は、アメリカにはもうほとんどありません。

「ダンキン・ドーナツ」は、世界最大のドーナツチェーン。
あらゆるモール、街角、ドライブインでその店舗を見かけます。

02_02

ところで、日本の友人が新宿の「クリスピー・クリーム」のドーナツをゲットするのに1時間半並んだとメールで言っていたのを聞いて、びっくり。
「クリスピー・クリーム」といえば、赤字続きで店舗はをどんどん閉鎖され、結局、2007年の9月に倒産してしまいました。
しかし、日本では大人気でこれからも店舗を増やしていくそうですね。

02_03

「クリスピー・クリーム」は現在も販売されていますが、ニューヨークでの正式な店舗はペン・ステーション内にある2軒ぐらいで、他には
ガソリンスタンドやドラッグストアーなどで売られていたりします。

02_04

それにしても、アメリカ人が食べるドーナツの量は相当なものかも。

新ヤンキースタジアム

09 4月
2009年4月9日

いよいよ大リーグのシーズンがやって来ました。
ニューヨークでは、ヤンキース、メッツ共に、今年は新しい球場でスタートを切りました。

ブロンクスにある旧球場の向かいに建設された新ヤンキースタジアムでは、4月3日と4日にニューヨーク・ヤンキース対
シカゴ・カブスでオープン戦が行われましたが、新しい球場見たさに沢山の観客が訪れました。

01_01

松井選手はこの試合で2ランホームランを放ちましたが、カノ選手に先を越され、新球場での初ホームランの栄誉は惜しくも
逃してしまいました。

01_02

右翼が少し狭いといったフィールドの形状や、左翼が強い日光を浴びるといった特徴は、旧球場と同じです。

新球場内には、ハードロックカフェやNYYステーキなどのレストラン、フランチャイズ展開する有名なハンバーガーショップ、
うどんや寿司を販売する売店などがオープンしました。

01_03

5月23日からは、球場から4ブロック離れた153丁目にメトロノース鉄道駅が開通し、マンハッタンのグランドセントラル駅
と球場を15分で結びます。

新ヤンキースタジアムでの初公式戦は、4月16日に開催されるインディアンズ戦となります。

JFK空港のラウンジ

09 4月
2009年4月9日

私は仕事の関係で、頻繁に飛行機を利用します。
世界中の空港のエアポートラウンジを利用しますが、やはり日系航空会社のものが1番です。
成田空港のラウンジがとても広くて、外国のエアラインラウンジと比較し、飲み物も食べ物も豊富で良いのですが、いつも人がいっぱいで
騒々しい感じがします。
私のお気に入りは、JFK空港にある日系航空会社のビジネスクラスラウンジです。

ここは、隣接するファーストクラスラウンジよりも広々としており、色々と雰囲気の違ったセクションに分かれ落ち着けますし、
アルコールカウンターやスナックバーも充実しています。

01_01

今日は、とんぼ帰りで日本に行くために、このお気に入りのラウンジに来ています。

01_02

今朝、ちょっと早めに到着し、朝っぱらから赤ワインに、チョコクロワッサン、オニギリをいただきました。

01_03

私のお気に入りの席は、ちょっと目立たないシックなセクションにある足置きがセットされた茶色の椅子。

01_04

出発までの時間、日本の新聞や雑誌を読みながらゆっくりとくつろげます。

イースター

09 4月
2009年4月9日

イースターがやってくると、「春が来た」という実感が湧きます。
イースターとは復活祭のこと。イエス・キリストが十字架に掛けられ死んだ後、3日目に蘇ったことを
記念するお祭りです。
イースターが祝われる日は、毎年違っており、今年は4月12日です。
イースターとは、「春分の後の最初の満月の日の次の日曜日」と、ちょっとややこしく定義されています。

子供達のお楽しみは、イースターエッグ探し。
殻に綺麗な色を塗ったり絵を描いたゆで卵を親達が庭や家の中に隠し、それを子供達が探し当てるゲーム
です。
これは、卵からひな鳥が生まれるということ、また寒い冬が終わり新しい生命が生まれるということを
イエス・キリストの復活と結びつけたものと言われています。

このイースターエッグと並んで、イースターバニー(ウサギ)もイースターのシンボル。

02_01

ウサギは多産のため生命の象徴とされ、またその元気に跳ね回る姿が生命の躍動を象徴しているものと
言われます。

02_02

この時期、スーパーマーケットやドラッグストアのお菓子売り場、おもちゃ屋には、お菓子がいっぱい詰まった
イースターバスケットや、ウサギの耳がついたヘヤーバンド、ウサギのぬいぐるみなどのイースターグッズが
並びます。

02_03

お菓子の入っていたバスケットには、イースターエッグ探しで見つけた卵を入れたりします。

Copyright© 2017 アメリカ情報 All Rights Reserved.