月別アーカイブ: 11月, 2009

マイアミへバケーション

20 11月
2009年11月20日

ようやく秋らしくなってきたニューヨークから、飛行機で約3時間南下。
常夏のフロリダ州マイアミへ、バケーションに行って来ました。
以前は、バケーションといえば年に数回カリブ海の島々へ行っていましたが、マイアミだと国内なので、面倒なパスポート
のチェックもなく手軽に出かけられるため、数年前からよく行っています。

マイアミといえば、青い空、エメラルドグリーンの海、パームツリー。

01_01

01_02

ニューヨークからほとんどまっすぐに降りた同じアトランティック海なのに、マイアミの海の水は驚くほど綺麗です。
朝早く海に入ると、足のまわりに魚が寄ってくるのが肉眼で見えます。
また、遠浅で波も穏やかなので、どこまでも歩いていくことができます。

01_03

こんな綺麗な海に入り、のんびり水平線を眺めていると、実に心が癒されます。

01_04

私達はどこへ行っても朝早く目覚め、レストランのオープンを待ってブレックファーストへ一番乗り。
まだ人のほとんどいない時間からビーチへ行きます。
砂浜の上には、各店によってクッションと日傘の色が違う貸しビーチチェアーが、規則正しく並べられていきます。

01_05

ところでマイアミには、そんな屋外の健康的なイメージだけでなく、一流グルメやお洒落なクラブといったナイトライフ
も充実しているため、昼も夜も遊びに困りません。

ビーチ沿いのオーシャン・ドライブには、シーフードやイタリアンを中心に沢山のレストランが並び、歩道に並べられた
テーブルの間を、人々は押し合いながら歩きます。
ここでは、各レストランの前に立った綺麗なお姉さん達からの呼び込み合戦が盛んです。

01_06

このストリートはいつも活気に溢れていて、レゲエやラテン音楽など、ライブをやっているお店も沢山あります。

01_07

一方、リンカーン・ロードは、オーシャン・ドライブよりも少し高級なイメージで、歩行者天国になっていて道幅も広く
歩き易いです。

01_08

全米展開する有名レストランや、ブランドブティック、お洒落なギャラリーなどが並びます。

01_09

つかの間のバケーションも終わり、またニューヨークでの忙しい日々が始まります。

マディソン・スクエアガーデンでNBAバスケ観戦

19 11月
2009年11月19日

大リーグのシーズンも終わり、これからはバスケットボールとアメフトのシーズンです。
先週、NBAのバスケの試合を見に、マディソン・スクエアガーデンに行きました。

02_01

お目当ては、地元「ニューヨーク・ニックス」でなく、対戦相手「クリーブランド・キャヴァリアーズ」の
レブロン・ジェームス選手。
彼は高校時代から全米の注目を集め、18歳からこのキャヴァリアーズに所属。
憧れのマイケル・ジョーダンと同じ23の背番号をつけ走り回る姿は、マイケルの現役時代を思い出します。

キャヴァリアーズには、「シャック」の相性で有名なシャキール・オニール選手も所属しています。

試合開始前のウォーミングアップでは、ストレッチをする選手、取材を受ける選手の姿も見られます。

02_02

試合前の恒例儀式、ゲストによる国家斉唱ですが、この日はラテン系ギタリストによる演奏。
実はうちの主人も10年以上前に、シアトルで、シアトル・スーパーソニックスとフェニックス・サンズの
試合のゲストとして国家の演奏をしました。私もその際にはコートの上に2メートル近く(それ以上の人も)
もある選手らと一緒に並び、国家の演奏を聞きながら、国旗を見上げ感激しました。

02_03

場内が暗くなって、いよいよ選手らの登場です。
ニューヨーク・ニックスのスター、デビッド・リーの登場に、場内は沸きます。

02_04

いよいよ試合の始まり。
レブロンの驚きの連続のプレイから、目が離せません。

02_05

試合の合間には、綺麗な女の子達で編成されたダンスチーム「シティーダンサーズ」のダンスや、子供達のグループ
「シティーキッズ」のパフォーマンス、バケツをパーカッションがわりに演奏する「バケット・ボーイズ」の演奏
など、またロックバンドの演奏、観客参加のゲームなどが行われます。

02_06

02_07

この日は、俳優のクリス・ロック、ラッパーのJay-Zなどが観戦する姿も見られました。

大リーグで優勝し、優勝パレードを終えたばかりのロドリゲス、カブレラ、カノなどのヤンキースの選手がコートに上がるという嬉しいサプライズには観客も大喜び。ガーデン全体でヤンキース優勝を祝いました。

02_08

キャヴァリアーズの選手らもヤンキースの選手が気になるようで、報道陣に囲まれた選手らをコートの向こうから
見ています。

02_09

結局、100対91ポイントでキャヴァリアーズの勝利。レブロンはゲームハイの33得点9アシストを記録。
ニューヨーカーとしては裏切り行為ですが、レブロンのチームの勝利を密かに喜ぶ私でした。

メトロポリタンオペラ「トゥーランドット」

19 11月
2009年11月19日

オペラのシーズン到来。
夜のリンカーンセンターへ来るのは久しぶりです。

01_01

今夜は、ジャコモ・プッチーニの「トゥーランドット」を観劇。
プッチーニは「トゥーランドット」が未完成なまま、この世を去っています。
その後、フランコ・アルフィーノが補筆をして完成させました。

01_02

このオペラの為にプッチーニが書いたテノールのためのアリア「誰も寝てはならぬ」は、荒川静香
さんが、金メダルを獲得した2006年のトリノ・オリンピックで、フリー演技で使用したため、
日本でもお馴染になりましたね。

着飾った紳士淑女が、次々とやって来ます。

01_03

01_04

今夜の私達の席は、Parterreの5番のボックス席。
Parterreの席に行くには、番号の書いたドアの鍵を係員に開けてもらい、小さな控え室にコートをかけて、
もう1つの扉を開けて席に着きます。そこはバルコニー状になっていて、だいたい8つの椅子があります。
Parterreで観劇する人は、ほとんどがタキシードやスーツ、ドレスやワンピースなどで着飾っています。

開演間近、オーケストラも準備態勢に。

01_05

トゥーランドットとは、中国のお姫様の名前です。
彼女は絶世の美女ですが、氷のように心が冷たいのです。彼女は、自分の出した3つの謎を解いた者と結婚
することになっていますが、もしも謎が解けなかった場合、その者は処刑されてしまいます。
第1幕目は、その処刑の場面から始まります。

このオペラは3幕編成ですが、第2幕目のセットは(第3幕目の最後の場面にも出てきますが)、
目を見張るような美しさです。

これまでにオペラは沢山見ましたが、今回の「トゥーランドット」は、主役2人の歌唱力が素晴らしく、
舞台美術、衣装、すべてにおいて非常に高レベルでした。

トゥーランドット姫を演じたMaria Guleghinaさん。

01_06

主な出演者達によるカーテンコールです。

01_07

地下の壁には、メトの舞台に立った歴代のオペラ歌手達の写真が飾ってあります。
小澤征爾さんの写真もありますよ。

01_08

メトでは、写真撮影が禁じられているため、すべてをお見せできなくて残念です。

今年もハロウィーンがやってくる

02 11月
2009年11月2日

10月30日はハロウィーンです。

ハロウィーンとは、キリスト教の万聖節の前夜祭。
秋の収穫を祈り、悪霊を追い払うためのお祭りだと言われています。

仮装した子供達が近所の家を回り、おやつをねだるトリック・オア・トリートが有名ですね。
アニメのキャラクターやお化けなど、様々な仮装をした子供達がグループで各家を一軒、一軒回り、
家の人が出て来ると「トリック・オア・トリート」と叫びます。
これは、「トリート」即ちお菓子をくれること、そうでなきゃ「トリック」即ちいたずらをするぞ、
ということです。

この日の為に、各家庭では、子供達にあげるハロウィーン用のお菓子を用意したりします。
スーパーマーケットには、お徳用のお菓子パックや、仮装用のマスクなど、ハロウィーングッズが
並びます。

02_01

02_02

ハロウィーンのシンボルというと、黒猫、魔女、くもの巣、そしてオレンジ色のカボチャ。

02_03

有名な「ジャック・オー・ランタン」は、カボチャの中身を取り除き、目、鼻、口をくりぬいたもの
で、中にロウソクを立てます。カボチャ製のちょうちんですね。
お店には、プラスチック製のものも売っています。

02_04

くりぬいたカボチャの中身は、パイやお菓子を作るのに使ったりします。

クリスマスシーズンにはクリスマスツリーを何千本も並べて売る園芸屋さんでは、この時期、店先
に大きなカボチャを並べて売っています。

02_05

02_06

各家庭の玄関先には、カボチャやお化けなど、不気味なシンボルが飾られます。
このような怖い顔を彫ったカボチャ、不気味なシンボル、仮装などは、霊を怖がらせて追い払うため
のものだと言われています。

ハロウィーンには子供のお祭りのようなイメージがありますが、大人も楽しみます。
仮装パレードに参加したり、仮装してパーティーやクラブで騒ぎます。

Copyright© 2017 アメリカ情報 All Rights Reserved.