月別アーカイブ: 12月, 2010

アメリカのデザート

22 12月
2010年12月22日

アメリカのケーキというと、大きくて甘過ぎるというイメージがありますよね。
アメリカでも、高級レストランや高級デザート店などには、大きさも甘さもあまり日本の物と
変わらないデリケートな味わいの物もありますが、ダイナーやアメリカンレストラン、普通の
ケーキ屋さんなどで売っている昔ながらのケーキは、ほとんど大きくて甘過ぎます。

NY_1202_0101

チーズケーキなどはそうでもありませんが、チョコレートケーキやデコレーションケーキなど、縦にすごく背が高いです。
普通のショートケーキのサイズに切り分けても、縦に長いのでそれだけ特大になります。

NY_1202_0102

アメリカでは、パイがよく食べられます。
感謝祭やクリスマスなどホリデーの食卓でも、パンプキンパイやアップルパイなど、色々な
パイが用意されます。

NY_1202_0103

寒い冬には、アップルパイなどを電子レンジで温めて、バニラアイスクリームを添えて食べる
のがアメリカ流。

また、アメリカでは着色料を使った色鮮やかなお菓子類をよく見かけます。
男の子の誕生日のケーキで、真っ青な車が描かれたものなどを見た事がありますが、いかにも
体に悪そうで心配になってしまいます。

ガラスケースの中に沢山並んだクッキーにも、緑色のものや、色々な色のものがあります。
クッキーの量り売りをしているお店も結構あります。

NY_1202_0104

真っ黄色いクッキーがありますが、あれは卵の黄身で色をつけているのだと良いのですが。

NY_1202_0105

知り合いの家にお呼ばれした時にケーキやクッキーを持って行くのは一般的で、皿に盛って
ラッピングしたものも売っています。

NY_1202_0106

日本の繊細な味のデザートで育った私は、最初、アメリカのケーキは砂糖の味しかしなくて
甘過ぎてパスでしたが、最近は舌も慣れてしまったようで、たまに食べたくなったりします。

ニューヨーク市立図書館

16 12月
2010年12月16日

グランドセントラル駅を南西角のドアから出て42丁目を西へ歩き出すと、道端に変なものを見つけました。
アメリカ国旗のデザインの牛に、日本語の「う」の字が。一体何なのでしょう。牛の「う」?

NY_1201_0101

42丁目と5番街との交差点近くを久しぶりに歩くと、まわりの様子はすっかり変わっていました。
いつの間にか、カジュアル・ブティックのH&MやZARAができています。
ZARAがある場所には、以前、パイプ用煙草の量り売りのお店があったはず。
何年か前に日本の友達に頼まれて買いに行った事がありますが、まるでお茶屋さんの様な
感じでした。

NY_1201_0102

5番街を南に折れると、右手にニューヨーク市立図書館があります。
40丁目から42丁目まで、2ブロックにまたがる白い大きな図書館です。
目の前が複数のバスラインのバス停になっているので、ひっきりなしバスが止まります。

NY_1201_0103

この図書館は、映画「セックス&ザ・シティー」で、キャリーとビッグが結婚式を挙げるはず
だった場所。
結局はビッグが怖気づいて(?)結婚式はキャンセルになってしまいましたね。
それにしても、図書館で結婚式を挙げようなんて素敵なアイデアです。
ウエディングプランナーがプロフェッショナルで、すべてのコーディネートをしっかりしてくれるアメリカならではの発想ですね。

現在、外壁工事中なのか、足場が組まれネットが張り巡らされています。
歩道には、バスを待つ人達が列を作っています。

NY_1201_0104

正面入り口の手前にあるのは有名なライオン像です。

NY_1201_0105

この図書館のコレクションは世界有数で、メインの読書室はフットボールスタジアムが入るほどの大きさです。

毎週火曜日と土曜日の11時と4時から、約1時間の無料ツアーがあり、館内の各部屋を案内してくれます。
日曜日は2時のツアーのみ。
正面入り口を入ったところにあるアスターホールの案内所で問い合わせてみて下さいね。

5th Ave. (at 42st)
212-869-8089

http://www.nypl.org

NYでミシュラン2つ星の精進料理を

12 12月
2010年12月12日

3年前から日本でもミシュランの発刊が始まり、今年はどの店が星を取ったかなどという話題を耳にするようになりましたが、ここミューヨークでもミシュランNY版が発刊されています。

以前、ミシェランで星を獲得したマンハッタンのレストランに、調査員が1度も行っていなかったという事が後で判明し、世間を騒がせた事がありました。
こちらの食通の間では、ミシュランよりもどちらかと言うとザガット・サーベイの方が信頼されています。
私もザガットサーベイには毎年参加している為、うちの本棚には過去数年間のものがずらりと並んでいます。

しかし、日本では何かと話題のミシュラン。そのNY2011年版が発刊されましたが、今回、日本料理店が2店舗、2つ星を獲得しました。
両店とも、ミッドタウンやアップタウンでなく、マンハッタンの南の方の、どちらかというと若者の多いカジュアルな雰囲気のエリアにあります。

今回はその内の1軒、イーストビレッジにある精進料理のお店「嘉日」を訪ねてみました。

NY_1202_0201

ここは京都の老舗生麩専門店「麩嘉」が経営するお店。
見た目はシンプルな内装のお店ですが、茶室に使われる土壁が使用されていたり、立派なけやき一枚板のカウンターがあったり、さりげないこだわりが見受けられます。
私達が通された奥のテーブル席には、茶室の雰囲気を醸し出すように、控え目に花が飾られていました。

NY_1202_0202

メニューはコースのみで、$50の4品コースと$70の7品コース、そして季節の食材を使った特別コースがあります。
私達は7品コースを注文しましたが、まわりの客さんも皆、7品コースを食べていたようです。

料理は大根のつきだし、パセリの根の白みそ椀、麩や根菜、松茸を使った料理、蕎麦など、
7品から成る懐石スタイルで、どれも絶品。
先日、日本帰国時に食べたウン万円もする3つ星獲得の某料亭よりも、ずっと美味しく感じました。

NY_1202_0203

NY_1202_0204

NY_1202_0205

デザートのかぼちゃきんとんの後には、本格的な抹茶と落雁が出てきました。

NY_1202_0206

ニューヨークに来てミシュラン2つ星の精進料理を食べて帰るというのも、話の種に良いのでは?

住所:414 E 9th St., New York, NY 10003 (Bet 1st Ave. & Ave. A)
電話:212-228-4873
時間:5:30pm – 10:00pm
定休日:月曜

Web:http://www.kajitsunyc.com/

ニューヨークはホリデーシーズン真っ只中

11 12月
2010年12月11日

今の時期のニューヨークは、ホリデーシーズンの真っ只中。

NY_1201_0201

11月の第4木曜日は感謝祭(サンクスギビングデー)。
感謝祭とは、約390年前にメイフラワー号に乗ってマサチューセッツ州のプリマスにたどり
着いたイギリスの清教徒らが、厳しい冬を越せず大勢死亡し苦しんでいたところを、インディ
アンに狩猟や農業に関する知恵を授かり苦境を乗り越えた事で、インディアン達に感謝の気持
ちを気持を表す日、そして作物の収穫を祝う日とされています。
しかし、その後には、恩人であるはずのインディアン達は、殺戮され土地を略奪され、あげく
の果てにはインディアン保留地に押し込められてしまうのですが・・。

今年の感謝祭は、11月25日。
感謝祭からの4連休は、ほとんどの会社はお休みで、皆、家族の元へ帰り日本の正月のような
家族団らんの週末を過ごします。

感謝祭やクリスマスなど、アメリカのホリデー料理の代表といえば七面鳥の丸焼きですが、
今年は七面鳥の価格が急上昇。

NY_1201_0202

NY_1201_0203

なんでも、七面鳥の餌となるトウモロコシの価格が約20%も値上がりしたせいのようです。
毎年、寄付された七面鳥で料理を作り、貧しい人々やお年寄りにホリデー料理を無料で提供
していた慈善団体の人々が、今年は不景気と七面鳥の値上がりの影響か、寄付の七面鳥の数
が集まらず、大変困っていたそうです。
毎年、無料のホリデー料理を楽しみにしているお年寄り達に、今年もちゃんとご馳走が届い
ていれば良いのですが。

NY_1201_0204

感謝祭が終わっても、まだまだホリデー気分は続きます。
感謝祭の翌日はブラックフライデーと呼ばれ、あちこちのデパートでバーゲンが始まります。
クリスマスプレゼントを買ったり、クリスマスカード用の家族写真を撮ってカードを注文し
送ったり、クリスマスツリーを買って部屋に飾ったり、感謝祭が終わると心はすっかりクリスマスに向かいます。。

NY_1201_0205

映画にもよく登場するニューヨークのホリデーシーズンは、皆バタバタと忙しく、それでいて
ワクワクする楽しい季節です。

Copyright© 2017 アメリカ情報 All Rights Reserved.