ニューヨークのビーチで海開き

19 6月
2011年6月19日

アメリカでは、5月の最終月曜日のメモリアルデーから、9月の第1月曜日の
レイバーデーまでの間が、”夏”と一般的に定義されています。
先月末のメモリアルデーには、あちこちでパレードや式典が開催されました。

NY_0602_0101

NY_0602_0102

メモリアルデーの3連休も終わり、ニューヨークに本格的な夏がやってきました。
6月初めだというのに30度を超す真夏日が続きました。
ニューヨーク市内のビーチは海開きとなり、午前10時から午後6時までライフガードが
配置されています。
ライフガードといえば、1990年代に大ブレークしたテレビドラマ「ベイ・ウォッチ」のおかげで、一時期人気のあった職業です。
ニューヨーク市内ではなく郊外ですが、うちの近所のビーチも海開きを済ませました。
プレイランド遊園地の隣りにある公共運営のRye Beachは、経費削減の為か、シーズンが始まったばかりの今は、まだ週末のみのオープンのようです。
6月末になるとほとんどの学校が夏休みに入るので、その頃から連日営業となるのでしょう。

NY_0602_0103

今日は平日の為、入口が閉鎖されビーチには誰も人がいません。

NY_0602_0104

しかし、お隣りの立派な入口とビーチハウスを持つOakland Beachでは、平日だというのに
沢山の人が海で泳いだり、日光浴を楽しんでいました。

NY_0602_0105

NY_0602_0106

NY_0602_0107

これらのビーチには、グランドセントラルからメトロノース鉄道のNew Havenラインに乗り
Rye駅で降りてから、バスに乗り継いで行くことができますが、マンハッタンから地下鉄で行けるビーチもあります。
6トレインで北の終点Pelham Bay Park駅まで行き、バスに乗り替えて行くブロンクスのOrchard Beach 、
D、F、N、QトレインでConey Island-Stillwell Avenue駅へ行くか、F, QトレインでWest 8th Street-NY Aquarium駅へ、
又はQトレインのOcean Parkway駅で降りて行けるブルックリンのBrighton Beach&Coney Island。
これらのビーチは、週末ともなると多様な人種の人々でいっぱいになります。

ところで、ニューヨーク市内では、レストランやバーでの喫煙が禁じられていますが、先月から公園や約23キロにわたるビーチ、
パブリックゴルフコース、タイムズスクエアなどを含む歩行者天国など、約1700ヶ所の公共の場所での喫煙を禁止する条例が
施行となりました。
この条例は、受動喫煙から市民を守るためと、もう1つはゴミ削減が目的だそうです。
なんでも、市内のビーチのゴミの4分の3が吸い殻だったそうです。
違反者には、50ドルの罰金が科せられます。
ニューヨーク旅行中にたばこが吸いたくなったら、気をつけて下さいね。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright© 2017 アメリカ情報 All Rights Reserved.