ヘラルドスクエアとグリーリースクエア・パーク

25 7月
2011年7月25日

南北に走るブロードウェーとアベニュー・オブ・アメリカ(6番街)が33丁目あたりでで交差していますが34丁目と35丁目、ブロードウェー、6番街に囲まれた一帯をヘラルドスクエアといいます。
以前、この地には、今は存在しない新聞社「ニューヨーク・ヘラルド」の本社ビルがあったため、ヘラルドスクエアと呼ばれるようになりました。

NY_0701_0101

緑の茂るスクエア内には、セレブシェフ、トム・コリキオの有名サンドイッチ店「ウィッチクラフト」が運営するコーヒーやサンドイッチ、ペイストリーなどを売る売店があり、コーヒーを飲みながらベンチで休む人達の姿が見られます。

NY_0701_0102

NY_0701_0103

タイムズスクエアと同じく、ヘラルドスクエアでもブロードウェーの一部(33丁目から35丁目まで)が車両通行禁止となり、歩行者専用道路になっています。
ここには有名なデパート「メイシーズ」があります。
ヘラルドスクエアは、サンクス・ギビングの日に行われるメイシーズ・パレードの終点地。
毎年恒例のパレードの様子は、NBCテレビが全米へ中継します。
6月23日には、ジャスティン・ビーバーが彼のプロデュースする新しい香水「サムデイ」の宣伝の為にメイシーズにやって来た為、100人以上の女の子たちが前々日からヘラルドスクエアでキャンプをし、当日には逮捕者や怪我人が出る大騒ぎとなりました。

NY_0701_0104

ヘラルドスクエアから東の空を見上げると、すぐそばにあるエンパイアステイトビルがそびえています。

NY_0701_0105

ところで南北に走るブロードウェーと6番街が交差して、リボン状になった北側がヘラルド・スクエアですが、反対の南側、32丁目と33丁目、ブロードウェーと6番街に囲まれた一帯はグリーリースクエア・パークという公園になっています。

NY_0701_0106

どちらもスクエアという名前が付いていますが、どちらかというと三角形に近い形をしています。
グリーリー・スクエア・パークとう名称は、1840年~1870年代にアメリカで最も影響力を持った新聞「ニューヨーク・トリビューン」
の編集者で政治家でもあったホレス・グリーリー氏にちなんで名付けられました。
「ニューヨーク・トリビューン」は「ニューヨーク・ヘラルド」のライバス会社でしたが、2社はのちに合併し、「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」となります。

NY_0701_0107

錬鉄柵に囲まれた小さな園内には、テーブルや椅子が並べられています。
ここにもヘラルドスクエアと同じ「ウィッチクラフト」が運営するコーヒーやサンドイッチの売店があり、NYでは珍しい無料の公衆トイレも設置されています。

NY_0701_0108

この周辺は、沢山のお店が並ぶショッピングゾーン。
小売店だけでなく、6番街側にはトイザラスやファクトリーアウトレットのDAFFY’S、マンハッタン・モールなどもあります。
買い物に疲れたら、スクエアでセレブサンドイッチを食べながら休憩なんていかがでしょう。

地下鉄で行くには、B、D、F、M、N、QまたはRラインに乗り、「34丁目・ヘラルド・スクエア駅」で下車するとすぐです。

NY_0701_0109

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright© 2017 アメリカ情報 All Rights Reserved.