ビーチワ―スで古き良き時代のオーストラリアを体験

09 5月
2011年5月9日

メルボルンから車で約3時間所にある町、 ビーチワ―ス(Beechworth)は、19世紀半ばにゴールドラッシュで栄えた街です。 また、オーストラリアでは知る人ぞ知る、 アンチヒーローのネッド・ケリーがメルボルン監獄で絞首刑になった話は有名ですが、 ビーチワ―スには彼が警察を殺害したという容疑で、 3年間入所していた元刑務所がある事でも有名な町です。

現在は人口3,200人(2006年現在)足らずの小さな田舎町になってしまいましたが、かつては金鉱の噂を聞きつけた人達が国内外から集まり、 人口が3万人もいたのだとか。 街の中心地は30分程度で見て回れる程度の本当に小さな町ですが、 当時の面影が町のあちらこちらで見られます。

OZ_0501_0101

町の中心から徒歩5分の所にあるSambell湖から出発し、 Spring Creekに沿って歩くこと10分、 地面の至る所にボコボコとかなり深い穴が空いている場所があります。 何と昔の金鉱の採掘場所だった所なんだそう。 ここでもゴールドラッシュ時の歴史を垣間見られます。 2年間で10万オンスの金(約28トン)が採掘されたってすごいですよね!

OZ_0501_0102

アンティークな建物を眺めながら、中心地でウィンドウショッピングをするのも楽しいですが、 車の数が少ない田舎町だからこそ、レンタルサイクリングもおススメです! レンタルサイクリングの店では、 サイクリング用の「Ride Guide」という地図を含め、 マウンテンバイク、ヘルメットなど一式を貸し出しています。 息を飲むような数々の美しい景色に出会える事間違いなし! カメラはお忘れなく。

OZ_0501_0103

ビーチワ―スは地産の宝庫でもあります。 地元の食材を利用したジャムや蜂蜜の専門店、 そして昔ながらの手作りのキャンディーが所狭しと並んだ The Beechworth Sweet Coなど、お土産にぜひ!

OZ_0501_0104

美しい自然と古き良きオーストラリアが残されたこの町は、 田舎ならではの人の温かさにも触れられる、どこかほっとする場所です。

毎年季節ごとにミュージックフェスティバルや 収穫祭などのイベントが開催されているようですが、 個人的には初秋の紅葉の季節(5~6月頃)が特におススメです。

都会の喧騒から離れコテージタイプの宿で、 夜は地元産のワインを飲みながら、 ゆらめく暖炉の火を眺めて過ごすひととき・・・・。 そんな贅沢な時間をビーチワ―スで過ごしてみませんか?

OZ_0501_0105

Beechworth Visitor Information Centre website www.beechworthonline.com.au

 

 

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 オーストラリア情報 All Rights Reserved.