クワズ芋?

食べられない芋だからクワズ芋?
観葉植物として100円ショップなどでも、観賞用に売られています。
鉢に植えて丹精こめて育てていても、
葉が何枚も増えてくるけど、それほど大きくは成長しません。

でもバリでは違うんです。

町から少し離れて、田んぼのあぜ道や用水の土手、
或いは山道の雑草の中などに、自生しています。
ホテルやヴィラなどの庭先にも、
このクワズ芋を見ることがあります。
それも大きな葉っぱで。

balli_2010_10_1_2_01

傘に出来るような大きな葉っぱにまで成長して、
どこまで大きくなるんだろうという心配をよそに、
バリのクワズ芋はグングン成長します。
まるで映画のワンシーンに出てくる、巨大生物の宝庫 ジャングルの中 のように。

カエルが傘代わりに葉っぱをさしている石の彫刻を見たことがありますか?
たぶん蓮の葉ではなく、この葉っぱだと思います。
人を包める位にまで成長した巨大な葉を見たことがあります。

バリでは植物がどんどん大きく育っています。
太陽と土と気のエネルギーが植物を大きく育てるのでしょう。
バリに旅行したり、束の間の滞在を楽しんだ時に、
自分の身体がバリのエネルギーの影響を受けて大きく成長するわけはないけれど、
せっかくだからバリの太陽と土と気に触れて、
うんと心の成長を期待しましょうよ。
芋の葉のように大きく大きく成長したら素敵ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です