新世代コンビニ増殖中

コンビニエンスストアーが町に出来始めた頃、
小さな店だけど、バリの雑貨屋さんでお水やちょっとした食料品を買うよりも、
何だかとてもスマートで、お買い物がしやすくなった印象が強かった。

photo2_01

photo2_02

時代は流れて小さなコンビニから大きなコンビニへ。
最近できるサークルKやミニマートは、ワンランク上のコンビニを目指しているように思える。

クロボカンのコンビニ。
3台停められる駐車場が外にあり、中は通常のコンビニ+カフェが併設されている。

飲み物を頼んで、パンを選んで、カフェに座って朝ごはん。
勿論お昼でも、エアコンの効いた店内は快適ですね。

こんなおしゃれなお店は外国人で溢れています。
反対から見ると、外国人の生活パターンから、こんなお店の発想が生まれたっていうところでしょうか。

コンビニとは思えないほどのちゃんとしたマシーンで淹れてくれるコーヒーは、
カフェにコンビニをくっ付けましたって言えるほど、本格的です。
パンにサンバルが付いているのも、とてもバリっぽいですね。
テイクアウトも出来ますよ。

photo2_03

photo2_04

photo2_05

観光客のお買い物のひと休みにも、便利なコンビニですね。
あっ、コンビニだから便利であたりまえか~(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です