ナッチョ・ママ

最近ウブドでも、夜遅くまで営業しているお店が増えてきた。
以前は9時にもなると町は一気に灯を落とし、ぽつんぽつんと灯る裸電球に、バリ犬の集団が行き来する影が映し出される、
そんなウブドの夜の顔があった。
今では観光客の増加に伴い、それに合わせて遅くまで営業するお店を見かけるようになって来た。

スペアリブであまりに有名なお店『ヌリス・ワルン』
アジア系の観光ガイドブックにも紹介されているらしく、
台湾、中国、韓国からの団体さんが席を占領する場面も多くなってきた。

これは困りましたねぇ~。
それでなくても席数がそんなに多くないヌリスワルン。
隙間がないほど占拠されたんじゃ、外で並んで待つわけにも行かない。
人気ラーメン店じゃないんだから・・・・

photo2009_1_2_1_01

でもご安心を。
ちょっと下った所に『ナッチョ・ママ』というヌリスワルンの姉妹店があるんです。
こちらの方が新しい分お店が綺麗だし、
空いているのが嬉しいですね。
ウブド在住のヌリス派は、こちらへシフトしていると聞きます。

photo2009_1_2_1_02

photo2009_1_2_1_03

メニューはヌリスと同じスペアリブをはじめ、
ナッチョという名前のようにメキシカンが売りで、
生ビールもいけちゃいます。

ひとりでは食べきれないくらいの骨離れの良いスペアリブが6万ルピア。
生ビール1万5千ルピア。
円高の今(11月20日現在)、中ジョッキが120円なんて、お徳でしょ!

photo2009_1_2_1_04

photo2009_1_2_1_05

phpto2009_1_2_1_06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です