バリコーヒー

初めてバリに行かれると、出されたコーヒーにビックリしますよね。

これはブブック(bubuk)という独特の飲み方なんです。
微粉末に挽いたコーヒー豆にお湯を注ぎ、スプーンでよくかき混ぜ、
しばらく置いた後、その上澄みを飲む、トラディッショナルな飲み方です。
以前はコーヒーに米の粉を、現在ではトウモロコシの粉が混ぜられていることもあります。
これを出されると『ああ、バリに来た~』って、感慨無量になることもありました。

BL_03_02_01_01

最近ではレストランやカフェが増えてきた影響で、
ブブックから欧米スタイルでコーヒーを提供する店が増えてきています。
ジャカルタやスラバヤの大都会では、カフェのチェーン店が急速に増えて、
Starbucks, Exceiso, Illy, SegaFredo, CoffeeBean&TeaLeaf, HardRockCafé, Lavazza, Black Canyonなど。
バリでもこの名前を見かけるようになりましたね。

BL_03_02_01_02

バリの一般家庭では相変わらずブブックを飲んでいらっしゃるところが多く、
中にはNestle や Indocafe が売り出している3in1(コーヒー、砂糖、ミルクが混合されたインスタントコーヒー)もTVコマーシャルの影響などもあり普及し始めています。

こんな状況を鑑みて、バリコーヒーがどんどん隅っこに追いやられてきている感がある。
日本の専門店でも、バリコーヒーというと、
他の2倍ほどの高価で取引されている位貴重なのに、
バリ島でもバリコーヒーは肩身の狭い思いを、これから益々してゆくのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です