考えられますか?甘い緑茶

お寿司にブルドックソースが付いていたら、あなたは怒りますか?
イチゴのショートケーキのクリームが塩味だったらどうします?

日本人にとって味覚の常識というものがあって、
それから外れると複雑な気持ちになりますよね。

もっとも地方によってはそこの常識が通用していて、
日本だからという共通な認識も薄らぐ場合もあるんですが・・・・

でもね、日本人が好きな緑茶は、
どう見ても繊細な味や香りを楽しむ飲み物ですよね。
微妙な味の違いで、産地や等級まで当てちゃうソムリエもいるようですが。

緑茶が甘いんですよ。
それもお茶の味が消されてしまうほど、しっかり甘い。

ペットボトルのお茶はスーパー、コンビニ、自動販売機で見慣れているものだから、
似たようなグリーンが基調のボトルが売られていると、
日本に居るのと同じ感覚で買っちゃう訳ですよ。

蓋を開けてひとくち口に含むとビックリしちゃいます。
あの甘さといったら、溶けたカキ氷に残ったシロップくらいの甘さです。
脂っこいものを食べた後にサッパリしたい時、あれをいきなり飲んだら、
脂肪が数倍、体に吸収されちゃうような感覚に陥ります。

甘いものが大好きなインドネシア人にとって、
微妙な緑茶の味よりも、パンチの効いた甘い緑茶の方がおいしいと感じて、
自信を持って発売されている緑茶だと思います。

BL0501_02_01

もっとも日本人だって、紅茶に砂糖を入れて飲むことがあるから、
お相子なのかも知れませんね。

汗を沢山かいて疲れたときは、お勧めのお茶かもしれません。
ポイントは、お茶だと思わないで飲むことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です