ウクライナの大晦日パーティー

16 2月
2011年2月16日

西部カナダの内陸3州(アルバーター州、サスカチュワン州、マニトバ州)には東ヨーロッパ系の移民が多い。その中でもウクライナ系の人口は多く、大きな都市には必ずといっていいほど「ウクライナ文化会館」や「ウクライナ人会」が存在する。私の住むカルガリーにも2つの立派なウクライナ文化会館があり、ウクライナの言語や踊り、歌などの文化を守り受け継ぐ活動が行われている。

 

去る1月14日はユリウス暦の大晦日。この日には毎年ウクライナ文化会館で「Malenka」と呼ばれるウクライナの大晦日パーティーが催される。毎年気になってはいたのだが、今年は思い切って友達のウクライナ系カナダ人にくっついて、ドキドキワクワク初参加してきた。

 

カクテルパーティー、ディナー、パフォーマンス、ダンスで成るこのパーティー、参加者は100人以上と規模が大きい。そして参加者の中でアジア人はわずか3人ほど、目立ってます、私(笑)。そのおかげか、知らない人も皆優しく話しかけてくれ、料理や文化についていろいろ説明してくれた。出る釘が得をしたようだ。

 

CAN_0201_0101

ディナーはセルフサービスで好きな物を好きなだけ。欲張っててんこ盛りの私のお皿…。

 

さて、私の一番のお目当てのディナーは、ビュッフェ形式。メニューは前菜がサラダ、ビートやキュウリのピクルス、ウクライナ風ソーセージ、豚の頭肉の煮こごり、カーシャ(雑穀を牛乳で甘く煮た東欧風お粥)、魚の酢漬け。主菜はごはん入りロールキャベツ、 ヴァレーヌィク(東欧風餃子)、ローストビーフ西洋わさびつき、マッシュポテト、コーンのクリーム煮、ニンニクと豆の煮たもの、ザワークラウトと豚肉の炒め物などなど。デザートは胡桃のケーキ。文化会館の会員さんが作ったということで、どれもとっても家庭的なお味。私は特にカーシャと、ザワークラウトと豚肉の炒め物、コーンのクリーム煮の美味しさに感動!きっと何代も引き継がれた秘伝のレシピなのでしょう。

 

CAN_0201_0102

ウクライナの合唱グループ。民族衣装が素敵。

 

食事の後はバイオリンやマンダリンで成るウクライナ・オーケストラの生演奏に合わせて、ウクライナの民族舞踊や合唱のパフォーマンス。コサックダンスはカラフルな衣装でクルクル回る女の子達と、腰を低くして足を高く挙げたり、ものすごく高く跳躍する男の子達のハイテンポなパフォーマンスで盛り上がりを見せた。合唱は人気の高い歌になると、観衆もいっしょになってみんなで歌ってハイテンション! 最後には会場がダンスフロアになり、生演奏のポルカに合わせて老若何女皆ダンス。ウクライナ文化がギュッと凝縮された楽しい夕べだった。

 

CAN_0201_0103

ウクライナの民族舞踊団。生演奏に合わせて踊る。

 

CAN_0201_0104

刺繍された洋服や、赤いブーツがかわいい。

 

人種のるつぼのカナダならでは各国文化のイベント。改めてカナダの多様さを実感できる時間だった。インド、中国、イタリアなど大きな移民のコミュニティーが他にも多々あるカルガリー。今度はどの国のイベントに参加してみようかしら、と今から物色中の私なのであった。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 カナダ情報 All Rights Reserved.