フェリア・デ・アブリル ~スペイン中に広がるアンダルシアの輪

21 5月
2011年5月21日

またまたお祭りネタになりますが、ちょうどタイムリーな話題なので。
ここはお祭り好きの多いスペイン。どうぞ、ご勘弁を^^

昨年ここでご紹介したセビージャの春祭り、フェリア・デ・アブリルはスペインで
最も知られているお祭りのひとつ。今年は5月3日から8日にかけて開催され、
例年通り世界中から多くの観光客も訪れました。
フラメンコ好きの日本人女性も姿もよく見かけるお祭りです^^

セビージャほど大掛かりでなくとも、アンダルシア州の各地で春から秋にかけて
似たようなお祭り(フェリア)が開かれます。私はこれまでにマラガとアンテケーラの
フェリアに行ったことがあります。闘牛が開催され、お祭り会場にはカセータ(祭り小屋)が
並び、女性はフラメンコ風の衣装で着飾り、セビジャーナス(フラメンコに似たアンダルシアの
民俗舞踊)を踊り、飲めや歌えや。まさにアンダルシアの風物詩。

この陽気なアンダルシアのお祭りは、実はマドリーやバルセロナ、バレンシアなど、
スペインの各地でも開催されているんですよ。

<今年度のバレンシアのポスター>
SP_0502_0201

<アンダルシア色よりもカタルーニャ色が強く出ているバルセロナのポスター>
cartel feria.indd

もともとアンダルシア州はスペインの中でも貧しい州のひとつで、
昔は特に仕事を求めての国内移民が盛んでした。
バルセロナのあるカタルーニャ州には特に多くのアンダルシア移民が住んでいます。
彼らが毎年なつかしい故郷のお祭りを再現しているのです。
そのせいか、年齢層が高いという印象があります。

また現代では、アンダルシア州から他州の都市に勉強や働きに出ている人も大勢いるので、
あるインタビューでは「今年は自分の故郷のフェリアの時期に帰省できないので、
代わりに来ました」と答えている学生を見かけました。郷土愛を感じますね。

私はバルセロナとバレンシアのフェリア・デ・アブリルに行ったことがあります。
バルセロナは特にアンダルシア移民が多いせいか、会場にはセビージャのような黄色い土も
敷いてあり、イルミネーションもまぶしく人出も多く、なかなかの盛況ぶりを見せていました。

<光輝くポルタダ(正門)>
SP_0502_0203

<カセータの外で踊りだす人達>
SP_0502_0204

<まばゆいイルミネーションの下には大勢の人>
SP_0502_0205

<着飾っていた姉妹。お父さんがアンダルシア出身でした>
SP_0502_0206

バレンシアは、規模は小さかったものの、カセータの中は本場同様華やかな空気と熱気に
包まれていました。来年は久しぶりに行ってみようと思っています。

SP_0502_0207

SP_0502_0208

この時期にスペインにいらっしゃる方は、セビージャに行かなくてもフェリア・デ・アブリルの
雰囲気が味わえるかも知れませんね。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 スペイン情報 All Rights Reserved.