おいしいパエージャを作り続けて60年

27 12月
2010年12月27日

12月の初めにパエージャを食べに遠出して来ました。Casa Salvador(カサ・サルバドール)は、
バレンシアから海岸沿いに40kmあまり南下したクジェラの町外れにあります。
1950年の創業以来、3世代に渡り1日も休まずおいしい郷土料理を作り続けている
名の知れたレストラン。よそから友達が遊びに来ると連れて行く、私のとっておきの場所です。
特に有名なのがパエージャで、90を超えるお米料理レシピの中からメニューには約30種類が
載っています。

SP_1202_0201

その時に食べたのは、あんこうと手長エビ、きのこのリゾット。
出汁がよくきいた味わい深い一品でした。冬はリゾットが温まりますね。

SP_1202_0202

魚介類ならお米の代わりに細いパスタを使ったフィデワ、またはイカ墨パエージャがオススメ。

SP_1202_0203

夫いわく、ここのバレンシア風パエージャ(鶏、うさぎ、いんげん)は絶品だとか。
カタツムリを入れてもらうこともできます。奥に見えるのが、真っ黒なイカ墨パエージャ。

SP_1202_0204

ほかには、カリフラワーと鱈、カレイとウナギの稚魚、鴨とウナギとカタツムリ等々、
そんじょそこらではなかなか味わえないパエージャがあります。

お米料理以外にも、バレンシア海岸地方の郷土料理や魚介メニューが豊富です。
すぐ近くに2ヘクタールの畑を所有しており、トマトや玉ねぎ、アーティチョーク、
ピーマン、オレンジなどを作っているあたりにも食に対するこだわりがうかがえますね。

<2代目サルバドールおじさんはお米料理本も出しています>
SP_1202_0205

実を言うと、ここのパエージャは日本人にはしょっぱいです。
値段もほかに比べると高いです。それでも、ここよりすばらしい“雰囲気”の中で
パエージャを食べられるレストランを私は知りません。

まずは建物。藁ぶき三角屋根は、バレンシア地方の農家特有のバラッカという造りです。
エントランスの上の青い陶器タイルのドーム屋根と白い建物はスペインの青空にピッタリ。一歩、バラッカの中はバレンシア調の絵画や古い釣り具、バレンシア陶器で飾られています。

SP_1202_0206

SP_1202_0207

そして素晴らしいのがテラス席。すぐ横はラグーンになっており、
水鳥や魚の姿を見ることができます。冬になると白鳥も到来。バレンシアとはいえども、
真冬にはラグーンの向こうに見える山が雪をかぶっていることもあります。
調理場でえさをもらっている猫が何匹かチョロチョロしているあたりも、
猫好きの私にはポイントが高いです^^

SP_1202_0208

SP_1202_0209

テラスからはラグーンの岸に抜けることができるのですが、
ちょうどそこには釣りスポットになっているようです。こののどかな感じがたまりません。

SP_1202_0210

食後にお店を出たらすぐ横に小さな入り江があるので、ここを散歩するのがお約束。
私たちは、夏は食後に水着に着替え、ここでゴロンと横になることもあります。
ちょうど向かいに見えるのがクジェラの町です。

SP_1202_0211

公共の交通機関ではたどり着けないので、車、もしくは最寄りのクジェラ駅から
タクシーで行くしか方法はありません。それでも一度は行く価値あるレストランです。

Casa Salvador
年中無休
住所: L’Estany de Cullera, Valencia
電話番号:+34-96-172-0136
http://www.casasalvador.com/inicio2.htm

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 スペイン情報 All Rights Reserved.