サマータイム

01 4月
2011年4月1日

3月27日からサマータイム(l’heure d’été)になりました。フランスと日本との時間差が8時間から7時間へ。フランスの長い夜が始まります。フランス人は、夏の夜長に音楽を楽しみ、友人や隣人との会話を楽しみます。ちなみに、サマータイムになると、日本時間で夜10時は、フランスで朝5時となります。 サマータイムに変わる日はちょっとした混乱があります。気を利かせて「時計を合わせなくちゃ」と時計を進めたところ、実は他の人がすでに時計を進めていて時計が2時間分進んでしまったなど。当日は、寝る時間が1時間減るので、みんなちょっと寝不足ぎみ。ニュースで、寝不足のために事故に注意、と警察からのメッセージも。

サマータイムに変わることで、人の行動時間が明るい太陽の光で過ごす時間に合うようになっています。省エネ効果も期待できます。4月1日現在で朝7時から夜の8時位まで明るいフランス。真夏は、夜10時くらいまで明るく、夕食を食べた後にカフェやバーで過ごす人も多く見られ、さまざまなイベントも夏の間楽しむことができます。
RF04020101
夏至の日(一番陽が長い日)には、パリを始め、フランス全土でミュージック・フェスティバルが行われます。町ごとにテーマがあり、ジャズ、ロック、クラシック音楽が野外の至る所で開催。旅行中に夏至の日が当たれば、是非お見逃しなく。
サマータイム期間中のフランスのイベントを紹介します。
RF04020102
4月 復活祭。キリストの復活をお祝いして、たまご型のチョコレートなどをプレゼントします。
春の闘牛(アルル)ローマ時代の遺跡で闘牛が行われます。
パリマラソン(パリ)
RF04020103
5月 カンヌ映画祭(カンヌ、南フランス)
モナコグランプリ(モナコ、南フランス)
ラ・ニュイ・デ・ミュゼ(フランス全土)美術館が夜中まで無料開放されます。
6月 中世祭(パリ郊外、イルドフランス)
ゲイ・プライド(パリ)ゲイの皆さんがパリをパレード。
音楽の日(フランス全土)
ロワールの湖上の音と光のスペクタクル
RF04020104
7月 ツール・ド・フランス
ソルド(フランス全土)夏のバーゲン開催。
ジャパン・エキスポ(パリ)日本をテーマにしたイベント。コスプレも登場。
アヴィニヨン映画祭(アヴィニヨン、南フランス)
8月 アヌシー湖の祭り(アヌシー、アルプス)
他にもパリを始め、その他の地方でもイベントが企画されます。りんご祭り、貝祭り、パン祭り、クレープ祭りなんてものも!旅行の際は、町のホームページなどでイベントをチェックしてみてくださいね。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 フランス情報 All Rights Reserved.