北野武展

28 7月
2010年7月28日

以前から行きたいと思っていた、カルティエ博物館で開催されている北野武/ビートたけし展「Gosse de peintre – 絵描き小僧」が9月まで開催が延長されたと聞き、とうとう行って来ました。
フランスに来るまでは、正直ほとんど北野監督の映画は観たことがなかったのですが、こちらへ来てから日本映画好きのフランス人に必ず薦められたし、また近くのお店でもDVDが手軽に手に入るので、よく観るようになりました。
黒澤監督や小津監督の作品ももちろんいいのですが、個人的には北野武監督の独特の日本の視点はとても魅力的で、フランス人の若者たちにも受け入れられやすいのもわかる気がします。

ただ、今回の北野武/ビートたけし展はまさに「Gosse de peintre – 絵描き小僧」の名のとおり、とても遊び心の溢れる装置やオブジェの展示が満載で、北野監督の映画監督としての顔よりも私たちのよく知る「ビートたけし」の色が濃い展示会だったので、すごく気楽に楽しむことができました。
とにかく子供から大人まで楽しめるちょっとしたアミューズメントパークのようになっていて、彼独特のユーモアが散りばめられたあらゆる装置に思わず吹き出してしまいます。
室内の写真撮影ができなかったため、一部しかお見せできないのが残念です。

RF_0702_0201
カルティエ博物館の外観のガラスには、あちこちに北野監督の絵画が。

RF_0702_0202

私は今まで北野監督が絵を描いているということを知らなかったのですが、地下の展示室にはたくさんのおもしろい絵画作品が並んでいました。
例の事故にあった当時から描き始めたのだそうです。

RF_0702_0203

また、北野監督の「本当の仕事」と称したブースには、私たちのよく知るお笑いの「ビートたけし」の映像やコスプレなども放映されていました。

こちらに住む日本人のファンの方もいるだろうと思いきや、当日会場には日本人は私だけでした。きっと北野監督の映画を観てファンになった人たちなのでしょうか。でも、今回の展示会はお笑いの「ビートたけし」とアーティストとして「北野武」をコンセプトにしたもののようだったので、彼のまた違った一面が見られたのではないでしょうか。
ちょうど夏休みに入ったばかりとあって、小学生の団体も来ていましたが、凝った装置やユニークなオブジェばかりなのでとても楽しそうでした。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 フランス情報 All Rights Reserved.