テムズ・クリッパー

07 9月
2018年9月7日

今回は久しぶりに、ロンドンの交通手段ネタで。
地下鉄(通称『チューブ』)やバスを利用される旅行者の方は多いかと思いますが、
観光にぜひともオススメなのが、テムズ河を行くボートの定期便、『テムズ・クリッパー』。
いわゆる水上バスのシステムです。

UK_0801_0101

西は国会議事堂と大観覧車『ロンドン・アイ』がある地下鉄エンバンクメント駅付近のエリアから、
東(川下)は第二の金融街であるカナリー・ワーフや天文台のあるグリニッジ、
そしてその先、コンサート会場として有名なO2ドームまでを結んでいます。
ボートの乗船・下船をする「駅」にあたるのは、ピア(Pier)、つまり桟橋です。
下はロンドン・ブリッジ・ピア付近の写真です。

UK_0801_0102

ボートは平べったいシェイプですが・・・

UK_0801_0103

船内は意外とゆったり。なんとエアコンも効いています(イギリスでは珍しい・・・)。
カフェ(下の写真の右下、おにいさんが立っているところがカフェのカウンターです)があるほか、
公衆無線LANでインターネットも使えます。
通勤・通学の利用客も多いとのことで、こうしたサービスは今や必須!なのかもしれませんね。

UK_0801_0104

とはいえ、観光でテムズ・クリッパーを利用するなら、やはりデッキに出て眺めを楽しみたいものです。
セント・ポール大聖堂、タワーブリッジなど、ロンドンの主要な観光スポットが
次から次へと見られるのが嬉しいところです。
下はロンドン塔と、その奥に独自のデザインで有名な「ガーキン・ビル」を望んだところ。

UK_0801_0105

あのタワーブリッジが下から眺められるのも、貴重な体験です。
初めて船上から見上げた時には、かなり感動しました!

UK_0801_0106

2011年8月現在の乗船料は、利用区間に関わらず片道5.50ポンド
(大人料金。ロンドンにある二つのテート美術館のみを結ぶ直行便は5ポンド)。
ただし、オイスター・カードや1日乗り放題のトラベルカードを持っている場合には、
チケット購入時に申し出れば、割引料金になります。
夜も東行きなら0時過ぎまで運行していますので、夜景を楽しむのにもオススメです。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 イギリス情報 All Rights Reserved.