カテゴリー: 食 (Page 3)

気軽にパクパク。南インドの軽食

24 10月
2010年10月24日

とにかく広大なインドです。
大きくわけても北インドと南インドでは、言葉も違えば文化も違ってくるのが興味深いところ。
食文化も北と南では多少異なるのですが、南インド発祥の軽食類は全インドでよく食されています。
軽食といってもとにかくいろいろあるのですが、
今回は私のお気に入りをいくつかご紹介したいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらはマサラ・ドーサーと呼ばれる南インドの軽食。
米と豆の粉を鉄板でクレープのように丸く薄く焼いたものです。
パリっとした食感が魅力のドーサー。
くるりとまいたドーサーの中には、マサラで味付けしたじゃがいも炒めが
入っています。
一緒に添えられている白いソースはココナッツ・ソース。
お好みでココナッツ・ソースをつけながら食べます。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはウタパムという料理。
豆の粉にたまねぎ、トマトなどを入れてカリっと焼いたもの。
インド風お好み焼きと言えばいいでしょうか。
白いココナッツ・ソースはウタパムにも必ずついてきます。
茶色いスープはサンバルと呼ばれるもの。
少し酸味のあるスープです。
ココナッツ・ソースとサンバルは大体おかわり自由!
なくなりかけると、お兄さんが「サンバル、よそうか?」と
おたま片手にやってきてくれます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはワーダーというもの。
これ、どう見ても「おいしそうなドーナツ」に見えませんか?
こちらは豆の粉をまるめて揚げたもの。
味はドーナツとは違って、全然甘くありませんので、ご注意を…。
このワーダーにもサンバルをかけて食べます。
サクっとした食感がおいしいスナックで、食べ応え満点!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはイドリーと呼ばれるもの。
米粉でつくられたインド風蒸しパンです。
これも一瞬、少し甘いのかな?と思わせるのですが、甘みは全然なく
少し酸味のあるパンです。
こちらにもココナッツ・ソースとサンバルがついてきます。
たっぷりつけて食べるとおいしい!
ふかしたてのイドリーはインド人にも大人気です。

というわけで、気楽に食べられる南インドの軽食類。
インド人の人々は、ご飯とご飯の間の軽食として食べているみたいなのですが
日本人からすると十分な量!
私はお昼ごはんなどによく食べています。
日本人にも食べやすい味のものばかりなのでおすすめですよ~。

インドのスイーツ「ミターイー」

14 10月
2010年10月14日

インド人はとにかく甘いものが大好きです。
インドで飲まれるチャーイ(インド風ミルクティー)にも、
これでもか!というほどの砂糖が入っています。
そんなインドで作られるスイーツも当然、激甘。
インドでは甘いお菓子のことを総称して
「ミターイー」と呼びます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

様々な種類のミターイー。
牛乳を煮詰めた物や小麦粉などを練って
作られたものが多いです。
もちろん全てのミターイーがかなりの甘さ。

インド人は何かおめでたいことやお祭りなどがあると、
ミターイーを買ってお祝いします。
その買い方たるや、すさまじい!
キロ買いで、1キロ、2キロ普通に買っていくんですよ~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お祭りが近くなると、ミターイー屋さんは大盛況!
「そのお菓子1キロね」
「これとあれとそれと…全部で5箱ちょうだい」
といった感じで、みな大量に大人買いしていきます。

さて、ミターイーと一口に言いましたが、
とにかく様々な種類のミターイーがあるので、
そのうちのいくつかをご紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはバルフィーと呼ばれるミターイー。
ミルクを煮詰めて固めたお菓子です。
インドのミターイーの中では
ちょっと甘さ控えめ
で食べやすいです(十分甘いですけどね?)。
実はこちら私の好物!
薄い銀箔がついていますが、このまま食べられるんですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはグラブジャムーンという名のミターイー。
牛乳や小麦粉などを混ぜて団子状にしたものを揚げて
甘いシロップに漬けたお菓子です。
作る工程から言って「一体何カロリーあるんだ?!」
と心配になりますが、その攻撃的な甘さがくせになる
おいしさ。
温かくして食べると、おいしさ倍増です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこちらはラッドゥーというミターイー。
ひよこ豆の粉などから作られた団子菓子です。
サクっとした食感が楽しめます。
インド人はチャーイとともに食していますが、
個人的には日本茶に合わせて食べたい感じ。

インドではとにかく何かにつけてミターイーが配られます。
正直言って、最初は「この甘さはちょっと無理かも…」と思っていました。
しかし慣れてくると、その甘さがおいしく感じられるのが不思議!
インドの人々に至っては、平気な顔で2個3個たいらげています。
インド人、ほんとうにミターイーが好きなんですね。

今日ご紹介したミターイーはほんの一部。
とにかく種類がたくさんあるので、
全部制覇するのは難しそうなのですが、
今後もミターイー調査をすすめていきたいと思っています。

インドの市場を探検してみよう!

16 8月
2010年8月16日

海外旅行では、その土地の市場をのぞくのも一つの楽しみですよね。
インドにもたくさんの市場があります。
最近ようやく現代的なスーパーマーケットができてきたインドですが、
買い物の主流はやっぱりまだまだ市場。
インドの市場は、安くて良い品物を求めにやってくる人々でいつも賑わっています。

デリーの中心部にあるINAマーケットは、
食料品や生鮮食品、衣料品や家庭用品などが手に入る
「何でもアリ」のマーケット。
いかにもインド的なカオスにあふれた市場なので
訪れてみると楽しいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ズラ~と店が並ぶINAマーケット。
外から見ると一瞬「スラム!?」と思ってしまうほど
ゴチャゴチャして見えるのですが、中に入ると案外清潔。
市場内は、売り物毎に何となくエリアが分かれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはインド料理に使うスパイス類。
カレーに使う、ターメリック・クミン・ガラムマサラなどが
売られています。
小分けにして売られているので外国人でも買いやすい雰囲気。

IND_0802_0103

こちらは量り売りしてくれるお米屋さん。
お米の値段は質によってピンからキリまであります。
インドの高級米は、バスマティーライスという細長いお米。
INAマーケットでは日本米のような米も売られているのですが、
値段は安めです。

食料品以外にも、衣料品・家庭用品などのお店もたくさん並んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プラスチックのタッパーや、インドでよく使われているステンレス食器が
ズラリ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

靴やサンダルが安売りされていました。
一足100ルピー(約200円)!!
掘り出し物があるかも……。

市場の奥に進んでいくと、生鮮食料品売り場があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

野菜売り場には、インド定番の野菜の他にも
パプリカやブロッコリーなども売られていて種類豊富。
他の市場にはあまり売られていない野菜を買えるのが
INAマーケットの魅力です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろん魚売り場も!
ぱっと見ただけではわからない謎の魚も売られていますが…。

INAマーケットは、実は在住外国人にも有名な市場。
というのは、他ではあまり扱っていない輸入食品や輸入食材などが手に入るから。
パスタやオリーブオイルなどはもちろんのこと、
なんと、日本のしょうゆや味噌なども売られているんですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海外のお菓子や缶詰なども売られています。
値段はべらぼうに高いわけでもなく良心的です。

というわけで、何でもアリのINAマーケット。
ちょっと冷やかすだけでも楽しいですし、
インドのおみやげを買うのにも便利ですので、
ぜひ探検に訪れてみてください!

<INAマーケット>
住所:INA Market, Aurobindo Marg, New Delhi

インド版ミルクティー「チャーイ」

21 7月
2010年7月21日

インドにおいて、避けて通れないのが…チャーイです。

と、いきなり大げさに書いてしまいましたが、チャーイとはつまりお茶のこと。
インドでは、牛乳と紅茶をミックスしたミルクティーをチャーイと呼びます。
インド人は本当~~~にチャーイが大好き。
日本の緑茶、イギリスの紅茶のようなもので、
インドではチャーイが国民的飲料となっているのです。

IND_0702_0101

写真のように小さなグラスに少しの量で飲むのが
インドのチャーイの飲み方。
少量でもかなりの甘さなので、砂糖の量は半端ではないはず。
日本人にとってはかなりのインパクトがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じの小さなチャーイ屋がインドの街にはたくさんあるのですが、
とにかく朝から晩までいつもインド人でにぎわっています。
インド人のチャーイの飲み方といったら、
ちょっとした休憩に、小腹がすいた時に、おやつタイムに、
仕事帰りの一杯に、といった感じで
「一体一日に何杯チャーイを飲むんだ!?」
と聞きたくなってしまうほど!
ちなみにチャーイは一杯2ルピーから5ルピーぐらいです。
日本円にしてなんと10円以下!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チャーイ屋の前にはたいていベンチやいすが並べられています。
そこに座ってチャーイを飲みながら、のんびりまったりおしゃべり
というのがインディアン・スタイル。
昼間からいい大人がたくさん座っていて
しかもほとんどが男性なんですが、
みなさん、お仕事そっちのけでチャーイを楽しんでいるようです。

個人的にオススメなチャーイの飲み方があります。
飲み方といっても実はチャーイそのものではなくて
チャーイを入れる器に関してなのですが…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このチャーイが入っている素焼きの器はプルワーといいます。
最近はガラスの器やプラスチックの器でチャーイを飲ませる所がほとんどですが、
昔はみんなこのプルワーでチャーイを飲んでいたそうです。
このプルワーで飲むチャーイ、素朴な味わいがチャーイににじみ出ている気がして、
私は大好きです。
プルワーはチャーイを飲み終わったら、そのまま投げ捨ててパリンと割ってしまいます。
土でできているので自然に帰るエコな器なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「う~ん、今日もチャーイがうまい!」
という声が聞こえてきそうなおじさんたち。

インドにいると、このチャーイを飲む機会が山ほどあります。
ちょっと疲れたらチャーイ、知り合ったインド人に勧められてチャーイ、
気づいたらインド人のように何杯も飲んでいた!ということに…。
日本人にとっては甘すぎるはずのチャーイも
インドの地では、なぜだかしっくりおいしく感じられるのが不思議です。

南インド料理はいかが?

17 7月
2010年7月17日

とにかく広~い国土を持つインド。
一口に「インド」と言っても地域によって
文化も言葉も宗教も違ったりします。
もちろん食文化もしかり。
ざっくり北インドと南インドに分けてみると、
北インドは小麦から作るナーンやチャパティなどが主食。
日本でも有名なタンドーリ・チキンは北インドの料理です。
対して、南インドはお米が主食。
野菜のカレーがメインで、米粉を使ったスナックなども有名です。

もちろんどちらもおいしいのですが、
個人的には南インドの料理のほうが日本人の口には合うのでは…
と勝手に思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらは南インドの定食セット。
北インドだと「ターリー」と呼ばれますが、
南インドでは「ミールス」と言います。
写真ではお皿にご飯がのっていませんが、
後で真ん中にドバっとよそわれます。

サンバルという野菜カレー、
ラッサムという酸味のあるスープなどが
南インド料理の定番です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはウタパムという料理。
米と豆の粉で作る、インド版お好み焼きといった感じです。
具にはたまねぎを入れたりトマトを入れたりします。

写真のミールスとウタパムは、
デリーにあるナイベディヤムというレストランのもの。
デリーは北インドに属する町ですが、
首都だけあっていろいろな地域のレストランがあります。
ナイベディヤムは、おいしくて雰囲気の良いレストラン。
おすすめです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内はムーディな雰囲気。
ステンドグラスや南インドの絵画などが飾られています。

さて、他にも有名な南インド料理はたくさんあるのですが、
特にご紹介したいのがこれ。

IND_0701_0204

この何やら長い物体は……!?
ドーサーという南インド定番の軽食です。
米と豆の粉をクレープ状に焼いて、
マサラ味のポテトやたまねぎをくるんだものです。

実はドーサーはこんなに長く作る必要はないのですが、
これはナイベディヤムならではの名物ドーサーです。
お皿から思いっきり飛び出しているクレープ部分が
大迫力!
真ん中あたりからスプーンを入れると、
サクサクっとしたクレープ部分と
中の少しスパイシーなポテトとのハーモニーが最高!
食べ応え満点ですよ~。

インドだったらどこででも楽しめる南インド料理。
インドへいらしたらぜひトライしてみてください。

■ナイベディヤム(Naivedyam) 住所:No.1, Hauz Khas Village, New Delhi-110016電話:+91-11-26960426/26536045時間:11:00~23:00休み:無休

Copyright© 2020 インド情報 All Rights Reserved.