ガンジス河の祈りの儀式

26 5月
2011年5月26日

ガンジス河で有名なベナレスは、ヒンドゥー教の大聖地として有名です。
巡礼者や観光客が真っ先に向かうのは、やはりガンジス河。
ガンジス河沿いには、ガートと呼ばれる階段状のスペースができていて、
巡礼者はここで沐浴をしたり、母なる河と信じられているガンジス河に祈りを捧げたりします。

ベナレスのガンジス河沿いには、約84のガートがあると言われています。
その中でも一番有名なのが、ダシャーシュワメード・ガート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ダシャーシュワメード・ガートはメイン・ガートとも呼ばれているのですが、
メインなだけあってここは朝から晩までたくさんの人々でにぎわっています。

このダシャーシュワメード・ガートで毎夕行われているのが
アールティーという祈りの儀式。
たくさんの巡礼者や地元のヒンドゥー教徒の人々、それに外国人観光客が
このアールティーを見にダシャーシュワメード・ガートへやってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Exif_JPEG_PICTURE

毎夕、日の入りと同時にスタートするアールティーですが、
この時間になると、ガートは人でいっぱいに。
ボートに乗って、河から眺める人もたくさんいます。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

5人から7人のプジャリ(祈りを捧げる僧)によってアールティーは
すすめられていきます。
「祈りの儀式」と言うと、静かで厳かな感じを想像してしまいがちですが、
このガンジス河のアールティーはかなり派手でにぎやか。
儀式の間はずっとバジャン(神への賛歌)が歌われて
人々も手拍子をしたり一緒にくちずさんだり…。
ガンジス河をバックに、アールティーは華やかに執り行われていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

インド人の巡礼者はインド全国からやってきているそうです。
この方々は電車で2泊もかかる南インドから。
一生に一度、このベナレスへ巡礼をするのが夢だったそうです。

約1時間ほどでアールティーは終了。
最後にはお花を買って、ガンジス河へ願いを込めて流す人がたくさんいましたよ。

Exif_JPEG_PICTURE

とてもダイナミックですてきなアールティーの儀式。
ベナレスへ来たら、必見です。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 インド情報 All Rights Reserved.