人気の南インド料理レストラン

02 6月
2011年6月2日

北インドと南インドでは微妙にテイストが違うインド料理。
北インドのカレーはこってりした感じですが、
南インドはサラサラしていてもう少しスパイシー。
ココナッツミルクを多く使ったカレーが主流です。
主食も、北インドでは小麦粉で作ったローティー(インド風のうす焼きパン)ですが、
南インドはお米。
個人的には南インド料理の方が食べやすいなと思っています。

南インド料理を食べによく行くレストランがサラヴァナ・バワン(Saravana Bhavan)。

Exif_JPEG_PICTURE

チェンナイが発祥のこのレストラン、今では世界中にあるそうで
アメリカ・イギリス・シンガポールなどに支店があるそうです。

私がよく行くのはデリーのコンノート・プレース店(デリーには2店舗あります)。
ランチ時に行くと、いつも人が並んでいて大盛況!
人気があるんですね~。

Exif_JPEG_PICTURE

清潔な店内。日本のファミリーレストランのようなイメージです。
圧倒的に地元のインド人が多いですが、たまに外国人観光客も見かけますよ。

がっつり食べたいときに頼むのはフィックス・ターリー(Fixed Thali)。
これはいわゆるミールスというものなのですが、
ミールスとはインド版定食のことです。

Exif_JPEG_PICTURE

こんな感じで、おかずたっぷり、ご飯たっぷり、ついでにデザートもついてくる
ボリュームたっぷりの定食です。
中身はポリヤル(野菜とココナッツを炒めたもの)、サンバル(酸味のあるカレースープ)、
ダール(豆のスープ)、ダヒ(甘くないヨーグルト)などなど。
ご飯以外に、プーリーというインド風パンを揚げたものもついてきます。
すべてを覚えきれないのですが、とにかく全部おいしいです!

定番のマサラ・ドーサーもお気に入りのメニューです。

Exif_JPEG_PICTURE

豆と米の粉を、薄くのばして焼いたクレープに
スパイスで味付けしたじゃがいもが入っています。
チャトゥニーと呼ばれるソースをつけて食べると美味!

いろいろちょこちょこ食べたいな~と思うときは
ミニ・ティフィン(Mini Tiffin)をチョイス。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マサラ・ドーサー、イドリー(米粉で作った蒸焼パン)などが
ついてくるセットです。
いろいろな味を少しずつ試せるのでお得です!

他にもいろいろなメニューがあるのですが、
すべて100ルピーから200ルピー(約200円から400円)でお安いんです。
お得でおいしくて清潔!と三拍子そろっているサラヴァナ・バワン。
早いうちに再訪しなくては、と思っています。

■サラヴァナ・バワン(Saravana Bhavan)
住所:P-15, Connaught Circus,(Near Madras Hotel), New Delhi-110 001
時間:8:00~23:00
休み:無休

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 インド情報 All Rights Reserved.