目の前にあるのに見えない通路

27 2月
2011年2月27日
Pocket

数々の見所があるフィレンツェの中でも、一二を争う人気スポットと言えば、ウフィツィ美術館とポンテ・ヴェッキォ(ヴェッキォ橋)でしょう。

IT_0202_0101

ウフィツィ美術館はご存じの通りボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」やレオナルド・ダヴィンチの傑作「受胎告知」など、数々の有名絵画の宝庫。
そしてポンテ・ヴェッキォは宝石店が並ぶ独特の景観が特徴的な、フィレンツェ最古の橋です。

この二つは見たことがあるという人も多いと思いますが、じゃあこの二つを結ぶ秘密の通路があると聞いたら、「え、そんなのどこにあった?」って驚く人も多いんじゃないでしょうか。

ヴァザーリの回廊(Corridoio Vasariano)。
正しくはフィレンツェの政治の中心であったヴェッキォ宮殿から、かつてメディチ家の住居だったピッティ宮までを繋ぐ回廊です。

普段は一般公開されていませんが、年に数回不定期で、ガイドと共に巡るツアーが開催されます。
運良く予約を取ることができたので、この「ヴァザーリの回廊ツアー」に参加してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

狭い通路を通るので、ツアーは一回20名ほどの小グループ。
ウフィツィ美術館の中でガイドと待ち合わせをして、普段は固く閉ざされている木製の大扉をくぐると、いざ秘密の通路の中へ。

「回廊なんてどこに?」と思われた方は、上の写真をよく見てください。
手前の建物(美術館)から橋へと繋がる廊下のような赤煉瓦の屋根を確認できると思います。
回廊の壁にはずらっと絵画が掛けられているのですが、当然のことながら写真撮影は禁止。
その代わり窓から外を写すのはOKとのことだったので、ちょっと珍しいアングルからポンテ・ヴェッキォを見てみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わかりますか?
これは回廊にある小さな丸窓から、ポンテ・ヴェッキォの宝飾店を見下ろした写真です。

そもそもヴァザーリの回廊は、1565年にメディチ家のフランチェスコ一世と、オーストリア皇女ジョバンナの結婚を記念して作られたもの。
これほど長い空中回廊を街の中心に作ることで、権力を見せつけるという役割もありましたが、住居であるピッティ宮から職場であるヴェッキォ宮殿に通うための、いわゆる「メディチ家の通勤路」でもあったのです。

ですからこの回廊はフィレンツェの支配者であるメディチ家にとって、とっても私的な場所。
市民にその姿を見せることなく、かつ市民の姿や声は聞いておきたい・・・という我が侭な願望が、この橋の上の小窓によく現れています。
この窓、外からは中にいる人の姿が見えにくい仕組みになっていて、メディチ家の人々はここから橋を行き来する人々の生の声を盗み聞きしていたようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう一つ、メディチ家のプライベートスペースとして大切な役割を持っていたのが、回廊半ばにあるこの窓。
これは回廊がサンタ・フェリチタ教会を通り抜ける部分で、メディチ家専用の特別席でミサを聞くことができるようになっています。
つまり彼らは家から一歩も外に出ることなしに、回廊を抜けてミサを聞きに来ることができたのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一時間ほどのツアーを終えて、ようやく出口が見えてきました。
本来この回廊は住居部分にまで繋がっているそうですが、ヴァザーリの回廊ツアーではピッティ宮殿の庭が最終出口になっています。

メディチ家の息吹を感じることができる、貴重な体験でした。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.