映画「イル・ポスティーノ」の足跡を辿って

14 5月
2011年5月14日
Pocket

イタリア映画好きにとっては忘れがたい名作であり、制作から17年経った今もなお多くのファンがいる映画「イル・ポスティーノ」。
日本アカデミー外国作品賞も受賞している有名作品なので、知っているという方も多いと思います。

前にも少し、この映画の舞台となったナポリ湾の島・プローチダ島の紹介をしましたが、今回は映画にスポットを当てて撮影場所となった店を訪ねてみました。

IT_0502_0101.jpg

「イル・プローチダ」はイタリアが生んだ偉大な俳優、マッシモ・トロイージの遺作となった感動作品です。
舞台は1950年代の南イタリア。
小さな島で暮らす青年マリオは、政治的な理由で国を追われた詩人パブロ・ネルーダに手紙を届ける郵便配達の仕事を始めます。
ネルーダとの交流で、少しずつ文学や芸術に親しんでいくマリオ。

IT_0502_0102.jpg

マリオはネルーダと出会うまでは無学で、喜びを知らない青年でした。
しかし彼はある日、港町のBarで働く美しい女性・ベアトリーチェに恋をします。
映画の中で重要な役割を果たす、このベアトリーチェのBarが、今もレストラン兼Barとしてそのまま残っています。
マリオはこの場所でベアトリーチェに出会ったことで、人生の喜びや愛に気付いていくのです。

IT_0502_0103.jpg

店の外にはマリオが郵便配達に使っていたのと同じ自転車と、「イル・ポスティーノ」の撮影場所であることを示す看板が。
店の主人はとても気さくな人で、撮影当時の様子などを誇らしげに語ってくれました。

IT_0502_0104.jpg

店主が「店内にコレクションを飾ってあるんだ。是非見ていってくれ。」と言うので店の中へ。
壁一面に、映画の写真やポスターなどが飾られています。
写真左に移っている鞄は、実際に1950年代、郵便配達で使われていた革製のバック。
撮影で使われたのとまったく同じ物を、ローマで見つけてコレクションに加えたんだそうです。

IT_0502_0105.jpg

映画の話にすっかり花が咲き、気がつけば「これは店のおごりだよ!」と一杯のレモンチェッロが。
店の奥さん手作りの、この地方特産の甘いレモンのお酒です。

マリオ役を演じた俳優、マッシモ・トロイージは撮影時、既に重い病に冒されていました。
病をおして撮影に挑み、「僕の最高の作品をあげるよ」とスタッフに言い残して、撮影終了からわずか12時間後に息を引き取ったといいます。
そうして出来上がった遺作「イル・ポスティーノ」は世界中から絶賛され、人々に大きな感動を残しました。
今でも、マッシモ・トロイージとこの作品を懐かしんで、Barを訪れる人は後を絶ちません。

静かな春の日の午後。
ゆっくりと遅めのランチを食べながら、映画のワンシーンに思いを馳せる。
そこではマリオやネルーダも聞いていたであろう優しい波の音や、南の島の人々の陽気な声が、今でも変わることなく響いています。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.