イスキア島で天然温泉リゾート体験

12 6月
2010年6月12日
[`evernote` not found]
Pocket

イスキアの魅力はなんと言っても、ダイナミックな自然と温泉!
そんな魅力が一カ所に凝縮したかのような、ものすごい温泉があると聞いて早速行ってきました。

IT_0601_0201

こちらがその温泉、Sorgeto(ソルジェート)です。
一見普通の海に見えますが、実は陸の方から90度もある温泉が湧き出し、海に流れ込んでいるんです。
流れてきた熱湯は海の水と混ざり合い、冷やされて、人が入るのにちょうどいい温度になるというワケ。

IT_0601_0202

こちらが源泉の流れ出しているところです。
知らない人同士も仲良く入浴して、「あなたはどこから来たの?」なんて世間話に花を咲かせています。

IT_0601_0203

ここはきちんと整備された温泉とは違って、生きた(?)温泉なので、海の状態や潮の流れによってちょうどいい温度の場所がコロコロ変わります。
さっきまでは適温だったのに、突然冷たい波がやってきて冷水に!なんてこともしょっちゅう。
でも、そのダイナミックさがまた魅力なんですよね。

Sorgetoが冒険のための温泉だとしたら、イスキアにはちゃんと癒しのための温泉だってあります。

IT_0601_0204

島内には天然温泉を使った巨大温泉リゾート施設が幾つもあります。
こちらはその中の一つ、「Parco Termale Aphrodite e Apollon」。

IT_0601_0205

建物はギリシャ神話の神をモチーフにしていて、なんと施設内に12個もの温泉プールがあるんですよ。
室内プール、屋外プール、ジャグジー、サウナ、砂浜、中にはヌーディストのための全裸OKゾーンまで完備されています。
全施設を歩き回ったらそれだけで疲れてしまうくらい、広大な施設!

IT_0601_0206

青い空と海を眺めながら、ほかほか温かい温泉プールでリラックスタイム。
もちろん更衣室やBar、レストランも完備しているので、一日中居ても大丈夫です。

今年の春はイタリア全土で天気が悪く、いつまでも寒くてなかなか温かくなりません。
私が行った5月半ばもまだ時々冷たい風が吹いていて、観光客も少ないようでした。

でもゆっくり旅をしたいなら、夏の喧噪を避けてオフシーズンの今の時期を狙うのもいいかもしれません。
滞在費も安くなるし、ほとんど貸し切り状態のプールで泳ぐのはとってもいい気持ち!
それに海で泳ぐのと違って、温泉なら多少外が寒くても問題ないですもんね。

五月のイスキアの旅、途中で雨に降られたりもしたけれど、自然に癒されてリフレッシュできるいい旅になりました。

Parco Termale Aphrodite Apollon
Tel: 081 999219

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2020 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.