手工芸展で世界旅行

17 6月
2011年6月17日
Pocket

次は手工芸展のイタリア工芸フロアーへ。
大きな建物の一階部分が全部、イタリア各地から集まった手工芸品のブースで埋め尽くされています。
中でも特に多いのは、イタリアの伝統マヨルカ焼きの製品や、ジュエリーなど。
伝統工芸と新しい才能とが同時に並ぶ様子は、見ていて飽きることがありません。

IT_0601_0201.jpg

こちらは私がお買い物をした帽子屋さん。
フィレンツェのお隣、プラートという町からの出展だそうです。
クラシックをとことん追求した美しいフォルム、そして豊富なカラーバリエーションがこの店の特徴。
ピンクやオレンジのシルクハットなんて、なかなか他の店では手に入りません。
もちろん、個人で購入するお客さんもいますが、劇場用に使われることも多いんだとか。
「不思議の国のアリス」の帽子屋をイメージした巨大シルクハットなども飾ってありました。

IT_0601_0202.jpg

イタリア製品を堪能した後は、階段を下りて地下一階・世界のフロアーへ。
ここは一転して、まるでどこかアジアの国の地元マーケットに入り込んだかのような雰囲気!
フランス、スペインなどの近隣国はもちろん、アフリカ、アジア、アラブなど世界各地からの出展者が軒を連ね、通りを進んでいくたびにガラっと空気が変わります。

IT_0601_0203.jpg

IT_0601_0204.jpg

大きな注目を集めていたのが、チベットのコーナー。
チベット僧による曼荼羅を描くデモンストレーションに人々は感嘆の声を上げ、足を止めて写真撮影する人も沢山いました。
これ、とっても細かい色砂で描かれているんです。
気が遠くなるような細かい作業を、これだけ混雑した人混みの中でやり遂げる集中力には脱帽です。
私もチベットブースで立ち止まり、緑茶のパックを一つ買いました。
とってもまろやかな味で、朝食時のお気に入りです。

IT_0601_0205.jpg

その他に買ったのは、こちらのアルガンオイルです。
これは確か、チュニジアコーナーで購入。
希少価値が高く「黄金のオイル」とも呼ばれるこのオイルには以前から興味があって、良さそうな商品が手頃な値段で見つかった時には買うようにしています。
なんでも、ベルベル族の女性の美しさの秘訣なんだとか。
肌用と髪用とがありましたが、髪の乾燥が気になっていた私は髪用をチョイス。
シャンプー前に使うと驚くほど髪がしっとりするんです。

屋台でアルガンオイルについて幾つか質問したんですが、店の男性はフランス語しか話せず。
片言のイタリア語と片言のフランス語とで苦戦しながら会話をしましたが、そんなやりとりもなんだか現地の市場にいるような錯覚を覚えて新鮮です。

フィレンツェにいながらにして小さな世界旅行気分を味わえる、一年に一度のお楽しみイベントでした。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.