『みんなのお茶の友、マレーシアの伝統菓子』

05 5月
2011年5月5日

多民族国家のマレーシアは、1年中通して各民族のお祭りが目白押しだが、そのようなお祭りに関係なく日常でもおかずのご馳走と一緒にクエ(伝統菓子)などが並ぶので、覗いてみるだけでも楽しめる。朝、昼、ティータイム時には路上では屋台がオープンし、場合によってはその場でバナナのフリッターを揚げている。ショッピングモールでも様々な伝統菓子店がいつでも人気だ。

甘い食べ物の誘惑についつい食べ過ぎてしまうマレー人も少なくない。男性だってみんなスイーツが大好き。

寒天よせのアガル・アガル、タピオカにココナッツミルクと砂糖をかけたサゴ・グラ・メラカ、もち米を蒸して黒砂糖やドリアンの香りをつけたワジェ、白玉粉を練って黒砂糖で仕上げたドドル。
同じクエでもパンダンボールやボボチャチャなどのニョニャ・クエやヴァデなどのインディアン・クエ、そしてチャイニーズ・クエなど、民族ごとにもクエの種類は異なり、名前を挙げたらきりがないほどだ。そして最近では、マレー伝統菓子にもバナナケーキ、カスタードプリン、マンゴーゼリーなど、伝統の味からモダン風へと形を変えつつあるのもある。
あなたのお気に入りになる味はどれだろう?

クエは、材料にもち米やパンダンの葉、ココナッツミルク、そしてサトウキビから採れた黒砂糖、グラ・メラカをたっぷり使う。
また、マレーシアには200種類を超えるトロピカルフルーツがあると言われているが、そのままでも食べるのはもちろん、調理をしていただくのもたくさん。その中でもバナナを使った料理は多い。生では食べられないが調理すれば食べられるバナナもあるので注意しよう。

MR0501_0101

クエ・ラピス 定番の伝統菓子。

MR0501_0102

ケタヤップ  クレープのように焼いた生地の中に黒砂糖で煮たココナッツを入れて巻いてある。

MR0501_0103

プルッ・パンガン  すり潰したバナナの中に甘く煮たココナッツ・フレークが入っている。

MR0501_0104

カスウィ モチモチした黒砂糖味。

MR0501_0105

クエ・バカール  緑色のクエはお菓子を作るときに必要な香りが出るパンダンの葉。卵を使って焼きあげた香ばしい一品。

MR0501_0106

プルッ・インティ  もち米と上には黒砂糖で煮たココナッツ。

MR0501_0107

タコ (ペリタともいう)  ココナッツクリームベースで、下は香葉のゼリー。口の中でトロッーとする感覚がいい。

MR0501_0108

ケリア  タロイモを茹でてからマッシュにして、ドーナッツの形を作って油で揚げた。最後は冷めるとすぐに固まってしまうほど濃いシロップにディップしている。
MR0501_0109

クエチャラ(緑)とクエチャララウ  ラウとは、マレー語でおかず。おかずがたくさん乗っかっているようなのでクエチャララウ。緑の方は、半分に割って中に砂糖シロップがついている。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 マレーシア情報 All Rights Reserved.