サッカー


ただ今、ワールドサッカー、世界の参加国中で、大騒ぎ。
メキシコも、もちろん!
日本もサッカーフアンが増えたようで、しかも、サッカー狂なる人も増えているようで。

ところで、メキシコなどラテンアメリカの国は、スポーツと言えば、サッカー、サッカー、サッカーである。
道でも広場でもちょっと数人集まれば、子供も大人もサッカーをする。

週末など男共は、テレビを見ると言えば、サッカー。
しかも、みんなでワイワイ観戦するのが好き。

mx_0701_0201

写真の説明:ソカロ広場に備え付けられた大スクリーンで試合を観戦する人たち。

ワールドサッカーともなると、みんな仕事をサボってでもサッカー観戦。
そして、勝てば、国中が大騒ぎ。交通ラッシュなんってもんじゃあない。まったく麻痺状態だ。

今回のワールドサッカーは、南アフリカであるが、メキシコとの時差があまりないようで、試合はメキシコの昼間のそれこそ、みんな仕事中に当たる時間帯である。
メキシコの試合中は、誰も仕事なんかしません。
職場に居ても、テレビで観戦です。
9時はじまりの試合に当たったら、今日は遅れて仕事に行きます、なんてのもざら。

mx_0701_0202

写真の説明:子供達も観戦。ところで彼ら、今日学校は、親に付き合ってお休み?!でしょう。

家でテレビ観戦より、兎に角みんなでワイワイ観戦する方が、楽しいというのか、レストランやバーへわざわざ行って観戦する人も多い。

メキシコシティ政府は、中央広場のソカロに、ワイドスクリーンテレビを何台も備え付け、皆、おいで!皆でメキシコを応援しよう!と。
それで、あの広いソカロ広場が、人で満杯。
周りの道は全部車をシャットアウト。

mx_0701_0203

写真の説明:ソカロ広場に入りきれない人は車が通行止めになった道にも溢れて観戦。

皆、家のテレビをのんびり見ればいいのに、炎天下、大勢の人の肩越しで、背伸びしないと見えないのに、わざわざ、ソカロに何十万人もの人が出かけてゆく。

ところで、今までのメキシコの勝敗結果は、ご存知の方はもちろんご存知だが、アイコ1、勝ち1、負け1で、次のトーナメント進出を果たせた。
ワールドサッカー、私の知る限りでは、毎回、アイコ1、勝ち1、負け1でなんとか、一次トーナメントクリアーで、その次は負けになちゃうんだけど。。。。。
今年はどうかな?

試合の終わった後は、アイコでも、もちろん勝ったら、そりゃあ大喜びで、皆独立記念塔へ駆け参じて、大騒ぎ。
負けても、次のトーナメント進出決定だ!ってんで、やっぱり独立記念塔で気勢を揚げてたけど。

mx_0701_0204

mx_0701_0205

写真の説明:負けたウルグアイ戦のあと、ソカロ広場から帰宅する人や、まだ独立記念塔で気勢を揚げに行く人達の波。
この日は、負け試合だったから、全体的に静かであったが、フランス戦で勝った後はすごかったらしい。

メキシコ、負けて、次がなくなっても、心配ご無用。
メキシコを、もう応援できなくなったら、ラテンアメリカの国を応援するんだから、最後まで楽しめちゃうのです。

日本で、お相撲さん関係者が野球賭博とかで、騒いでいますが、そんなでっかい事じゃあないけど、
メキシコではワールドサッカー、仲間同士で小額を楽しみで賭けあう人は結構居るようです。

知り合いは、「メキシコ対フランスの試合で、フランス勝ちに賭けたら、負けちゃったけど、まあいいや、メキシコが勝ったんだから」ですって。

それこそ、ソカロ広場や独立記念塔にウン十万人もの人が集まり、大騒ぎ興奮するんだから、怪我人もでるんじゃあないか?事故もあるんじゃあないか?であるが、
メキシコ市政府も万全の警戒!

mx_0701_0206

荷物チェック、物売り禁止など、普段のデモ以上の警戒態勢。
で、数十人の若者、物売りが捕まり、厳重警告ってのもありだったようだが、無事、今までのところ事故もなくお祭りは続いているようだ。

まあ、しばらく、ワールドサッカー終わるまで、お祭り騒ぎは続きますねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です