白鳥の湖


「白鳥の湖」と言ったら、バレエや音楽に詳しくない人でも、思い起こすだろう。チャイフコスキーのバレエ「白鳥の湖」

日本から来た友達に、「チャプルテペックの公園の湖でやっている白鳥の湖を見に行きたい、とっても素晴らしいって!」と言われた。
「え!?知らなかった。」

残念な事に友人の滞在中は、公演がなかったけれど。

チャプルテペック公園の湖の小島という自然の野外の舞台での「白鳥の湖」のバレエ公演は、1977年から毎年、この時期2月末から3月の週末行われてきたと。
湖の自然の中の夜の公演は、なかなか雰囲気があってよろしい。

メキシコは雨季と乾季があるが、野外での公演は、はやり乾季でないと。。。。ではあるが。
日本の友達と一緒に行けなかったけど、是非行こうと、切符を買いに行ってみると、売り切れ。
翌週の公演の切符を買った。
高い席と安い席の差が30ペソくらいで差がそれほどないので、せっかくならいい席と思ったのだが、売り切れで一番安い席になってしまった。
人気なんだねえ。

バレエというと、なんか切符高いんじゃあないか?と思ったりするのだが、高い席で180ペソ(円高なので、1400円くらい)、安い席で152ペソであった。

日本ではこんな値段ではバレエさすがに見られないでしょう!
メキシコで見ては?
安いから、たいした事ないんじゃあないかって?いやいや。とんでもない。
私、バレエ知らないけど素晴らしかった!欲を言えば、もっと近くで見たかったけど。

私が見に行った日は、乾季のはずが、公演が始まる前、6時頃結構な雨が降ったのだ。
公演がキャンセルになるんじゃあないかと心配しながら、行ったが、雨も止んで、結局、係りの人が客席の椅子をせっせと拭いて回って、舞台もせっせと雨水拭いて
30分遅れになったが、観覧できた。

MX_0302_0201

MX_0302_0202

MX_0302_0203

MX_0302_0204

MX_0302_0205

MX_0302_0206

(夜の遠景の動きのある写真って、難しい。いい写真が撮れなかった。残念!でも雰囲気は分かってもらえるかな?)

始まる前、湖を見ていたら、一羽の白鳥が、泳いでいた。
そう、ここは白鳥の湖でしたねえ。

もし、この時期、メキシコにいらっしゃるんだったら、「白鳥の湖」をチャプルテペック公園の湖で観覧いかがですか?なかなかお勧めですよ!

この時期じゃあない人も、白鳥の湖でなくっても、メキシコでバレエをみるのもいいかも?!で、

「眠れる美女」
4月6日~24日 チャプルテペック公園のお城の広場

「シンデレラ」
5月29、30日 6月2、5日 国立芸術宮殿

「BALANCHINEの祭典」
6月30日 7月3日 国立芸術宮殿

などなど
12月には、毎年、「くるみ割り人形」を国立アウディトリオで確かやっている?と思う。

国立芸術宮殿で毎月配布している案内書でチェックしてみると、バレエ何かやってるかも?です。

メキシコでバレエ 観劇いかが?

なお、切符、国立芸術宮殿で買うと正規の値段だけど、チケットマスターで買ったら、20%ほどコミッション分高いようでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です