音楽と踊りのない人生なんって。。。。


大昔から音楽と踊りが土着信仰が始まったときから、神への祭りであったであろう。

だからと言う訳ではないが、メキシコ人の人生にも生活にも音楽と踊りがないというのはあり得ないだろう。

そして、巷に音楽が溢れ、祭りにパーティーに、人が集まれば、多分音楽がかかり、ダンスが始まる。
メキシコ人は音楽が好き、ダンスが好き。

私が住む地区でも、日曜日ごとに地区の広場で、生演奏があり、集まった人々は踊る、踊る。

02_01

メキシコの音楽と言えば、マリアッチと言われる。

02_05

何かと言うとマリアッチの音楽隊が賑やかに音楽を奏で始める。
だが、メキシコの音楽はそれだけではもちろんない。

マリンバ、グルペラ トリオス  ランチェロ ロック 流行歌、サルサ メレンゲ etcと音楽が流れてくる。

メキシコの町をちょっと歩いてみたら、音楽が聞こえてくるだろう。
地下鉄の中は、10ペソの海賊版のCDを売り歩く人が流す音楽が、ひっきりなしに響いてくる。

辻音楽家もうまい人もいるが、下手な人まで、地下鉄や町の中で音楽をかき鳴らす。歌を歌う。

02_04

02_03

02_02

ちょっと、音楽ができたら、メキシコでは、喰いぱぐれない?
メキシコの人は、上手なら、それなりにあげるし、下手でもお情けであげるしするから。

バスに乗れば、運転手の好みの音楽が、ガンガン。
実にガンガンって感じで、音楽をかけないで走っているバスには巡りあわさないかも。
ただし、公立のバスでなく、私のバス。個人経営バスです。

市バスは、これって、禁止されてるのかな?
ガンガン音楽なしに、真面目に走ってるって感じがする。

週末になると、一晩中、世間中にに響くガンガン音楽をかけてパーティーで、我が家のガタピシのガラス窓がびんびんなるほどのボリューム。
いや、これは隣近所に住む私の感想。

皆、音楽と踊りの人生を楽しんでいるのですから、もちろん、メキシコでは、一晩中朝方まで、隣で音楽の騒音が 聞こえても、誰も、文句なぞ云いません。
私なんぞも安眠妨害されても、けっして文句言いません。ただひたすら、我慢の子。

メキシコを旅して、レストラン、バーなどでも、ギターを奏でながら歌う人がいたり、生演奏の音楽が聞こえてきたり、生演奏でなくとも、音楽が聞こえてこないレストランは多分少ないだろう。

まあ、音楽の聞こえてこない町は、メキシコではありません故。
ダンスをしない人はメキシコ人じゃない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です