運転免許と新法規


メキシコシティーは車が大変多い。

02_03

その車の運転免許であるが、現在、メキシコ市では運転免許取得は、実に簡単。
日本の人が驚くか?うらやましいと思うか?怖いと思うか?

免許所得に必要な物は、身分証明書(メキシコ人は選挙投票権カード)と、住所証明書になるもの
(例えば、電話、電気、水道支払い書など)そして、500ペソ弱(5,000円くらい)のお金。

これで、申請に数時間並べば、永久免許証が、すぐ貰える。

それは、危ないって?
はい、危なくっても、全て自己責任です。

前は、試験がありました。筆記の試験が。
でも、試験もすべて、賄賂の元になる。
それで、試験を廃止したのも、賄賂対策に関係しているのでしょう。

昔、私目も、結局、賄賂払いましたよ。
試験で取得しようとする意思は、あったんですが、
一生懸命、試験に取り組んでいたら、女ポリスが、近づいてきて、いいました。
「うーん、これでは通りませんねえ。お金させ払えば、通してあげますよ。」
「あーそう? 払う。じゃあ、それかして。」
と、試験用紙を取り上げ、彼女、さっさと解答を書き、
「はい、ここにサインをして!」

はい、こうして、私は免許証を取得しました。

観光のお客様によく言われる。
「メキシコは、皆、運転が乱暴ですね。運転規則なんてないも同様ですね。」

そう、運転法規を真面目に勉強した人なんて、メキシコにはいないかも?
だって、私の娘がたった一週間の自動車学校へ行ったら、車を動かす事は実地で
教えてくれたけど、法規を勉強するという時、先生がいみじくもおっしゃったそうです。
「法規なんか勉強したってしょうがないから、止めようね。」

さて、7月20日から、メキシコシティーでは新運転法規が施行されました。
この新法規は、結構厳しいらしい。
一日目、運転者、これがいかに厳しいか分かっていないというのもあってだろうが、ポリスに掴まる掴まる、わんさか。方端から?新聞によると掴まったの1500人以上。
シートベルトの不着用や、駐車禁止場所の駐車が多かったらしいが。

その他運転中の携帯電話使用の禁止などなど、はい、気をつけましょう。

最初に掴まったのは、個人経営バスの運ちゃんだそうで、何故かというと、ドアを開けっ放し運転。
運ちゃん、さぞ、びっくりした事でしょう。
だって、メキシコのこのバス、皆ドアなんぞ、開けっ放しが常識。

02_02

乗客が多い時など、ドアに人がぶら下がって走っていたりなんてあるんですから。
観光のお客様、バスがドア開けっ放しで走っているのを見て、驚き、感動していたけ。。。。

この新法規、事故防止と、賄賂防止対策が目的らしい。
なんせ、メキシコでは運転していて、ポリスに捕まったら、10人に8人は賄賂を払うと答えているのですから。
ポリスに罰金ならぬ賄賂を払うというのは、常識なんです。
罰金より交渉して安くするというのもあるんです。

02_01

メキシコ市政府は、賄賂を受け取るのも、払うのも、それをみたら、そう言われたら通報しろ!と。

さてさて、メキシコ人の運転者、法規を守って、賄賂払わない、清く正しい運転者になれるか?
法規もしっかり勉強しなくちゃね。

いやいや、賄賂はなくならないよ!と言う声も多いけれど。どうでしょうかねえ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です