メキシコシティーでの交通機関の使い方


外国旅行をする時、人それぞれ、旅行の仕方は違うと思う。
みんなそれぞれ、人が違うように旅行の楽しみ方もいろいろあって当然。
人それぞれ、自分の好きな自分に合った旅行をしたらいいと思う。

ただ、やはり、外国は日本と違うところも多い。まず、言葉の障害もあるかもしれない。
それで、少々臆病になるところもある。
そして、治安とか色々考えると、ついつい自由な個人旅行は、敬遠して、安心して行ける旅行を選ぶという事になる人もいると思う。
それはいい、安心安全旅行というのはとっても大切。

だが、そのツアー旅行でフリーディがあったりしても、公共交通機関を使う事はなかなかできないという人も多いようだ。

メキシコに長く滞在して人でさえ人によっては、地下鉄は危険だと言う人さえいる。
実際、メキシコは車社会で、そう言う人は何十年メキシコに住んでいても、地下鉄に乗った事がない人かもしれない。
だが、車の運転ができず、車もない庶民の私は、何処に行くにも地下鉄とバス、ぺセロという個人バスこれを利用している。

確かに私はメキシコに長いから、旅行者風でなく言葉もわかるから、メキシコ人化して、目立たない。
だから、大丈夫だと思われるだろう。それも確かにある。
だが、町を歩く時、交通機関に乗っている時、私だって私なりの防衛をしている。
何故って、スリは何処にだっている。強盗にだって会わないという保障は何処にもない。
何処へ旅行したって、それは同じだ。

でも、公共交通機関も使って動きたいと言う人のために、メキシコにおける交通機関の使い方をちょっと書いてみよう。
メキシコシティーを安く行動範囲を大きく動くにはなんと言っても地下鉄。
メキシコシティーを縦横に走り、何処まで行っても何度乗り換えても2ペソとは!!
これを利用しないほうはないと思う。

02_01

気をつけなければならないのはまずスリ。
これは公共交通機関を利用するときでも町を歩く時でも常に気をつけなければならない事。
かばんには常に注意をして、前に抱えるように持つ。ズボンの後ろポケットなどに財布を入れない事。
また、財布は大きなお札を入れた財布と小額の小銭の財布を二つ持つのがいい。
沢山お札の入ったお財布を公共の大勢人のいる前で開かない事。狙われます。
スリは気をつけていれば防げます。
ボーとしていない事です。隙がなければ、狙われません。
これは旅行中、何処にいる時でもだが、絶対貴重品の入った荷物は体から離さない。これは絶対必要重要注意事項です。
たとえホテルでも、レストランでも。体から離れ、足元に置いた荷物でも盗まれます。忘れ物も絶対しない。

地下鉄のラッシュ時間はできたら避けた方がいい。あのぎゅうぎゅうの列車にメキシコ人に揉まれて乗車するのは、大変です。
メキシコは車の運転もだが、地下鉄の運転手も乱暴なのが多い。急ブレーキはしょちゅう。
いつでも急ブレーキをかけられてもいい体制を。
地下鉄でアナウンスはほとんどありません。自分の降りる駅を確認している事。
地下鉄の名前は絵でも表示されているから大変わかりやすい。

02_02

02_03

さて。旅行者は、旅行者と一目瞭然にわかる。そんな点で狙われやすいという事はある。
カメラなど、町の中でも、ブラブラさせて持って歩かず、写真を撮る時だけかばんから出すようにする事。

あとバス、ぺセロという個人バス。

市バスは数が少ないが地下鉄と同じ2ペソ。停留所で待つ必要あり。前から乗って、お金料金箱に入れる、おつりはないから、きちんと小銭を用意して置くこと。
後ろから降りるのが一応の規則。前から降りる人も結構いるが。ベルがあるから、降りたい停留所に近づいたら押して降りる事を知らせる。

ぺセロは個人バスで、これは何処でも走っているから、そして、どんどん何台でも来るから便利と言えば便利なのだが、
兎に角運転が乱暴だから、気をつける事。
あまり乱暴だったら、数ペソで怪我をしては元も項もありせんから、さっさと降りて別のに乗るのがいい。
これの乗り方も前から乗って行き先を告げお金を運転手に払う。料金は距離によって、2.5ペソ3ペソ、3.5ペソ4ペソとなる。
停留所だけでなく、何処でも手を上げれば止まってくれるのが普通。降り方はバスと同じ。

02_04

ぺセロやバスは行く先が、前に看板で出しているのでそれを確かめて乗る。場所が分からない時など、
乗るとき、自分はここで降りたいから教えてくれるように伝えておく。
ただし、すぐ忘れる人が多いから、時々まだかまだかと言って確認しているとよい。

あと、市交通機関としてインスルヘンテス通りを走るのはメトロバス。
これは、カードを買って金をカードにチャージしないといけない。カードを通して中にはいる。

タクシーはいっぱい走っているが、あまり流しのタクシーはお勧めではない。
特に夜は絶対乗らない事。
運もあるが、善良な運転手かどうか、そのタクシーが海賊タクシーかの判断は難しい。

02_05

02_06

写真説明 :タクシーのナンバープレイト、これをチェックするのもひとつの方法。

安心なタクシーはホテルの観光タクシー、これは他のタクシーに比べて料金はちょっと高いが安心。
料金表がホテルの入り口などに貼ってある。確認をしてゆくとよい。
一応観光タクシーの名前ををつけているから英語も通じるはず?

あと、ラジオタクシー、スペイン語が分からないと呼べないが、数分で来てくれる。
電話番号は、56349912
夜などにレストランなどに行って帰りにタクシーを呼びたい時などレストランの人に頼んで呼んでもらうといい。

もしもし万が一、強盗に会ったら、金より命と思う事。
もし、ホテルに滞在であったら、ホテルのセフティーボックスを利用し必要のない大金はあまり持ち歩かない事。
私は、メキシコ在住30年になろうとしているが、幸い一度も強盗には出会った事はない。
だが、これも運と思う。
夜遅くは、やはり公共交通機関は使わないで、ラジオタクシーを使っています。

もしメキシコにいらっしゃたら、是非、楽しいいい旅をしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です