感性の先進性:マオリの人々のデザインセンス

13 3月
2011年3月13日
Share on GREE

ニュージーランドと聞くと真っ先にイメージするものは、オールブラックスとラグビーでしょうか。それとも、パノラマに展開する美しい大自然と羊の群れに代表される牧歌的な風景でしょうか。 ニュージーランド人にとっても、それらは大きな誇りです。 それにもまして、個人的には、先住民マオリの人々から継承された感性の高い視覚デザインに、目を向けさせられます。今回は、その感性の先進性に触れてみたいと思います。 ニュージーランドを代表する航空会社エアニュージーランドの尾翼を飾るロゴは、コルーと呼ばれる渦巻状のシダの新芽をかたどったデザインで、国民に広く親しまれています。

NZ_0301_0101

コルーは、マオリの言葉で、新生、成長、力、平和を象徴しており、彫刻や刺青のデザインのなどの典型的モチーフとしてマオリアートの随所に見られます。 円のカタチは、永続性をイメージさせ、中のコイル状のカタチは、原点への回帰を表しています。

NZ_0301_0102

マオリの人々のルーツは、ポリネシア系で、有力な説によれば、東南アジアから太平洋の島国に移住し、ニュージーランドへの移動は、西暦900年から1200年代と、名のごとくニュージーランドは人類の歴史上最も新しい新天地となりました。

NZ_0301_0103

今でこそ、交通手段の発達とともに、この広大な太平洋地域も遅くとも一日単位で移動できるようになりましたが、当時、ポリネシアの人々がこの広大な太平洋地域に繰り出した特別な背景があったということは、想像に難しくありません。 そうでなければ、危険を冒して大冒険をする必要はなっかたはずです。 帆船というにはあまりにもシンプルなもので、帆をつけたいかだといったほうが的確な表現といえる乗り物を使って、彼らは新天地を求め続けていたわけです。 これは、私の勝手な所感ですが、オセアニアでラグビーが盛んで非常に剛健な選手たちが育つのも、そういった背景があるのではないかと思うのです。

NZ_0301_0104

彼らの頼みの綱は、先祖に直結する自然を支配する神々でした。 生まれながらに、航海者として育った環境の中で、口頭伝承という手段に頼らざるを得なかった人々は、文字の変わりに、一目でわかる視覚的な文化を作り出したといえるのではないかと推測できます。 写真の首飾り装飾品は、グリーンストーンの天然石や骨などでできており、それぞれの部族の守護神、先祖をあらわし、それによって自部族と他部族の違いが一目でわかるようになっていました。

NZ_0301_0105

新天地を開拓する進取の気勢はコルーが表す彼らの神々に連結した永続性と原点への回帰から育まれたものであることを、当時の人々の唯一の交通手段であるカヌーの先端のモチーフを見て取ることができます。

NZ_0301_0106

ヨーロッパから新天地を求めてきた人々と先住民との関係で最も成功した例といわれるニュージーランド。彼らに共通するものは、自然に宿る精霊の原点、創造者への回帰という発想であり、それが、人種を超えて愛されるコルーのマークによく表されていると考えます。 そのような観点から、ニュージーランドを見つめると、また旅の楽しみが増えるのではないでしょうか。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 ニュージーランド情報 All Rights Reserved.