リマで世界一のコーヒーを味わう

15 10月
2010年10月15日
LINEで送る

リマ、ミラフローレス区。 海岸沿いにあるこの美しい街は、観光やビジネスの中心地として人気があります。 おしゃれなレストランやカフェが建ち並び、ホテルや土産物店も多いため、 この街を拠点にリマ観光をされる方も多いのではないでしょうか。

そんなミラフローレス区の中でも、今、リマのコーヒー通たちの間で話題になっている 「Arábica Espresso Bar」をご紹介しましょう。 ケネディ公園から少し裏手に入った、閑静な住宅街にひっそりたたずむ小さなカフェ。 入り口近くのバーカウンターには、その日のお勧めケーキやスコーンが並べられており、 その奥がカフェスペースになっています。 壁にはペルー人アーティストの絵が飾られ、ちょっとしたギャラリーにもなっています。

PE_1015_01.jpg

雰囲気のある店内でコーヒーブレイクを

このArábica Espresso Barでは、 アメリカスペシャルティコーヒー協会が「世界のベストコーヒー2010」に選んだ 「Tunki(トゥンキ)」を味わうことができます。

トゥンキはペルー、プーノのサンディア渓谷で生産されるオーガニックコーヒー。 生産量がとても少なく、ペルー国内にはほとんど出回っていません。 生産地以外でこのコーヒーを楽しめるのは、Arábica Espresso Barだけ。 このお店では、カフェ・トゥンキのことを生産者ウィルソン・スカティコナさんの名前を取って 「El café de Wilson Sucaticona」と呼んでいます。

PE_1015_02.jpg

ちょっと小腹が空いた時におすすめのスコーンやバナナケーキ

お店の人が勧めるトゥンキの一番美味しい飲み方は、エスプレッソとのこと。 「ミルクや砂糖はなしで飲んでね。」と、口直しのお水も持ってきてくれました。

PE_1015_03.jpg 世界に認められた味café Tunki 6ソーレス

フルボディならではのコクときりっとした酸味。 「フローラルなアロマ」と評されるとおり、やさしい香りが鼻腔をくすぐります。

「コーヒーは好きだけど、酸味が強いのはちょっと」という方には、 アメリカンコーヒーやマキアートとして注文することもできます。 いずれも注文の際には「トゥンキで」としっかり念押しして下さいね。

PE_1015_04.jpg

ホワイト・チョコレートのパイ 6ソーレス

このお店では、トゥンキ豆200gを25ソーレスで購入することもできます。 注文を受けてから豆を挽いてくれるので、とても新鮮。お土産にもぴったりですね。 ただ入荷の数自体が少ないため、豆の購入は一人2袋まで。 在庫がない場合もあるため、事前に確認してほしいとのことでした。

それほど貴重なコーヒーですが、お店ではいつでも注文できます。 旅の思い出にぜひ立ち寄られてはいかがでしょうか。

PE_1015_05.jpg

Arábica Espresso Bar Recavarren 269, Miraflores-Lima tel:715-2152.

★アメリカスペシャルティコーヒー協会★ SCAA(Specialty Coffee Association of America) 世界最大のコーヒー取引業の団体で、栽培・ロースト・醸造の産業規格を設定しています。 特別に手をかけて栽培された高級コーヒーの品質の規格を一定にするため、 少数のコーヒー専門家集団によって1982年に結成されました。 (「コーヒー用語辞典」より抜粋)

SCAAのウェブサイトはこちら http://www.scaa.org/

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 ペルー情報 All Rights Reserved.