ペルー色豊かなカトリックの祝日、リマの「公現祭」

15 12月
2010年12月15日
LINEで送る

1月6日は「公現祭」です。 この日、東方の三賢者がイエス・キリストの誕生を祝福するため、ベツレヘムにやってきました。 救い主の誕生が広く人々に知れ渡った(公に現れた)日として カトリックの国ペルーでも、毎年こんなイベントが行われます。

PE_1202_01

アルマス広場を行進する子供たち

PE_1202_02

馬に乗った三賢者が登場!

PE_1202_03

訪れた先は、厩ではなくリマ市庁舎

PE_1202_04

馬から降り、イエスへの贈り物を捧げる三賢者たち 。写真向かって右側から、乳香を贈るバルタザール、黄金を贈るメルチョール、没薬を贈るガスパール

PE_1202_05

市役所のバルコニーで、イエス役の赤ちゃんを抱き上げるメルチョール 観客からも大きな拍手が沸き起こります

三賢者が幼子イエスに贈り物をしたという故事から、 公現祭の日に子供たちにクリスマスプレゼントをあげる国もあるそうですが、 ペルーではクリスマス前にプレゼントを贈り、12月25日に開封するのが一般的。 同じキリスト教の国でも、少しずつ習慣が違って面白いですね。

また、昨年はこの伝統的な三賢者の行進だけでなく、ペルーならではのイベントも行われました。 ヘスス・マリア区にあるカンポ・デ・マルテ公園で、民族衣装を身に纏ったアンデス出身の王3人が 大地の女神パチャママに祈りを捧げたのです。 女神への贈り物は、乳香とお金、没薬、そしてコカの葉。 アンデスのフォルクローレが鳴り響く中で、キヌアやアルガロビーナなどペルー特産の材料を使った ロスカ・デ・レジェスというお菓子も販売されました。

さて、来年の公現祭はどんな催しが行われるのでしょうか。 まだクリスマスも迎えていないというのに、今から楽しみにしている私です。

★ロスカ・デ・レジェスについて★ 「Rosca de Reyes/王様の冠」は、カトリックの国々で公現祭の日に食べられる リング型の大きなパン菓子で、国によって呼び方や形は少々違います。 スペインやメキシコではロスカの中に小さな人形が仕込まれており、人形入りのパンを引き当てた人は、 みんなにご馳走をしなければならないのだとか。 ペルーではご馳走の習慣はほとんどありませんが、この時期になるとパン屋の店先にロスカが並びます。 「ニーニョ(人形)入り特製ロスカ」と書かれていない限り、どの部分を食べても奢らされる心配なし。 ペルーのロスカ、安心して召し上がれ。

PE_1202_06

スーパーで売られていたロスカ・デ・カネラ(シナモン入りのロスカ)は5.5ソーレス(約165円)なり

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2019 ペルー情報 All Rights Reserved.